耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 
 
 

 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 千葉のアパマンション 耐力不足 千葉県発表 建築構造士は大丈夫と主張

アパマンション 5棟中1棟 耐震不足と県発表 0.74

2月2日13時2分配信の時事通信によると、藤田さんが2006年春から、耐震偽装の疑義ありと主張してきた千葉県のアパグルーブマンションのうちの一棟が、耐震強度不足だった、と千葉県が発表した、とのことです。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/false_quakeproof_data/?1170399087

[引用開始]
千葉のアパマンションも偽装か=耐震強度、基準の74%

千葉県は2日、田村水落設計(富山市)が構造計算をした同県成田市のマンション「アパガーデンパレス成田」(工事停止中)の5棟のうち1棟(44戸、11階建て)の耐震強度が不足していると発表した。耐震強度は基準の74%という。県は同日、建築主の「アパマンション」(金沢市)に対し、補強計画などの報告書提出を求める勧告を出す。
[引用終了]

水落建築構造士 耐震不足はないという認識示す 両者がっぷり四つ!!

これに対して、水落建築構造士は、反論しています。
以下、KNBのHPより。動画もあります。
http://www2.knb.ne.jp/news/20070202_10158.htm

[引用開始]
耐震強度不足、水落1級建築士否定的な見解示す

千葉県は2日、水落光男1級建築士が構造計算した千葉県成田市のマンション1棟で耐震強度が不足していたと発表しました。千葉県の発表について水落建築士は、まだ充分に内容を検討していないとしながらも否定的な見解を示しています。

水落一級建築士は「ショックはショック」「残念だが、今も偽装だとか耐震不足で設計していない、安全と確認して設計している」水落建築士はこのように述べ、耐震不足はないという認識を示しました。
 
また、千葉県側が水落建築士の説明として、建築確認の締め切りが迫っていたので、構造計算書の数値の部分的な差し替えを行ったとしている点については、「私は認識していない」と否定しました。

水落建築士は、千葉県の発表の内容を精査し、建築主のアパマンションと連絡を取って、対応していきたいと話しています。
[引用終了]

時系列が逆ですけど、KNBのもう一本のニュース「千葉県のマンションも耐震強度不足」を以下に。

日本建築防災協会は千葉県側に・・・


[引用開始]
千葉県が成田市のマンション1棟で耐震強度が不足していたと発表

千葉県は2日、富山市の水落1級建築士が構造計算した千葉県成田市のマンション1棟で耐震強度が不足していたと発表しました。新たに耐震強度不足が明らかになったのは、建築主がアパマンションで富山市の水落光男1級建築士が構造計算した千葉県成田市の「アパガーデンパレス成田」です。

5棟あるうち、11階建ての1棟の耐震強度が国の基準の74パーセントしかなく、建築基準法に適合しないと判断されました。

この建物は、建築確認を行い現在は廃業しているイーホームズが去年3月、構造計算に疑問点があると報告したため、千葉県が工事を停止させて去年5月から再審査をしていました。

そして再審査では耐震強度が不足しているという結論に至り、さらに客観的な判断を求められた日本建築防災協会も千葉県の判断のほうが妥当という見解を示しました。
[引用終了]

今日の日記「耐震偽装 オープンピアレビュープロセスを!!」で紹介した「違反是正計画支援委員会」の設置されている日本建築防災協会が「千葉県の判断のほうが妥当という見解」はかなり重要と思います。
http://tobeajornalist.blog71.fc2.com/blog-entry-76.html

「今般、構造計算書の偽装問題に対して、国土交通省方の委託により、特定行政庁からの要請に基づき必要な助言を行う「違反是正計画支援委員会」を設置いたしました。(2006.2.2)」(日本建築防災協会HP)
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/

今こそ 知識人の社会的責任を果たすべき時 チョムスキー先生ならそうおしゃるはず

切迫の度合いはますます高くなつてきました。今回の第2次耐震偽装の疑義事件をしっかりと検証して、乗り越えていくためには、JSCAの見解だけではなく、日本建築学会の見解も必要かもしれません。村上周三建築学会会長の年頭所感2007年年頭の挨拶(PDF)を、今、拝読して、そう、感じました。
http://www.aij.or.jp/jpn/guide/index_g.htm

一方、ぼくたち市民は、もう少し、静かに事態を見守るしかありません。なにしろ、議論内容が高度過ぎますので。このことは、裏をかえすと、現在、論議されている工学的内容をきちんと把握している方は別ということです。むしろ、積極的に、この問題を、BLOG、HP、あるいは、掲示板で、一般市民に理解できるようにご説明くだされば、と願います。

もちろん、具体的データがお手元に無い方がほとんどでしょうけれども、それでも、一般論としてならば、ある程度まではコメントできるのではないでしょうか。たとえば、このいわゆる「耐震強度1.0」という数値の算出式のパラメーターや得られた数値の誤差の大きさについて、などなど.

Show the flag!!
Boots on the ground!!




『藤田東吾を国会へ』に参加する


http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

TAG : アパマンション /イーホームズ /アパガーデンパレス成田 /

2007.02/02(金) |  未分類  | Comment(5)  []

 
 

 
 

■□ 県合同庁舎 耐震強度0.12と判明 耐震偽装

長野合庁→0.12, 上田合庁→0.16, 大町合庁→0.27

信濃毎日新聞によると、長野県内の公共施設で、7カ所の耐震強度が、たいへん低い事がわかった、とのことです。
http://www.shinmai.co.jp/news/20070202/KT070201ATI090017000022.htm

[引用開始]
長野市の県庁や、県内の県合同庁舎のうち7カ所の耐震強度が、現行の建築基準法に基づく基準値1・0を大幅に下回っていることが1日、県が行った耐震診断で分かった。最低は長野合庁(長野市)の0・12で、0・16の上田合庁(上田市)、0・27の大町合庁(大町市)の計3棟は、震度6程度の地震で「倒壊・崩壊の危険性が高い」と診断されている。

いずれも現基準が適用される1981年以前の建築で、法的に問題はないが、
[引用終了]

現基準以前の1981年以前の建築物なので、法的に問題はなし!?

上記の記事を読んで、昨夜エントリーした日記の耐震偽装問題の2つの論点を思い出しました。つまり、法律などの文系的論点と自然科学などの理科系的論点です。
http://tobeajornalist.blog71.fc2.com/blog-entry-76.html

1981年以前の建築物は法的にまったく問題ない!!ようです。

つまり、法に照らした場合は、「耐震強度0.12」でも、除去命令を出したり、使用禁止の勧告を出したり、補修しなくても大丈夫。

一方、京都のアパホテルは、少なくとも「耐震強度0.7」はあるのですが、最近は「耐震強度1」以上が要請されているようなので、使用禁止の勧告を出すことになるわけです。(この「耐震強度1」の法的根拠はどこにあるのか調べきれませんでした。御存知の方お教え下さい)。

ご参考までに、2005年の第一次耐震偽装事件で、耐震強度が0.5未満のマンションがどう処置されたのかの資料をご紹介しておきます。なお、新聞には「耐震強度」と記述されることが多いようですが、これは比の値、つまり、要求される耐力に比べて実際の耐力がどのくらいあるか、です。よって、国土交通省の文書は、「保有水平耐力比」となっています。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/07/070125_2_.html

法律上は問題がなくても、命の問題はある

「法的にまったく問題ないのか。あー良かった良かった。安心だ。」
残念ながら、こうは言ってられません。

なにしろ、生命は自然科学の法則に規制されています。震度6程度の地震で「倒壊・崩壊の危険性が高い」と診断された建物、しかも、地震発生の場合は、防災対策の中枢たる県庁に内在する崩壊の高い危険を放置できるばすはありません。県庁が真っ先に倒れていてはお話になりません。さっそく、予算が計上されました。

これは長野の公共施設の庁舎だけの問題で、学校や病院などは無関係でしょうか??
これは長野県の1981年以前の公共施設だけの問題で、同じ頃の民間の建物は無関係でしょうか??
これは長野県の1981年以前の建物の問題で、1981年以降の建物は無関係でしょうか??

最後に、この問題は長野県だけの問題て、他の都道府県は無関係でしょうか??

つい、さっき読んだBlog「棒に怒る日本人」の日記が思い出されます。
以下に引用しておきます。
http://yahhoo.cocolog-tcom.com/goodwill/2007/02/post_9a56.html

我が国の住の安全 藤田東吾とイーホームズの功績は大

[引用開始]
■任せられるのは藤田東吾だけ

彼が立候補するとなれば、選挙目あてかと言う者も出てこよう、だが、人の足を引っ張るのも程ほどが良い。何しろ何千何万と言う建築に関わる人々がいる中で、耐震偽装を告発したのは、後にも先にも藤田東吾ただ一人である。まして見破るべき地位にいた人間で、偽装を発見し告発した者は藤田東吾以外誰一人としていないのだ。彼以外にこの件を任せられる人物はいまい。そしてこの件つまり耐震偽装問題とは我々の生命財産に関わる問題なのだ。
[引用終了]

きちんとした耐震診断が日本各地で行われることになった、そのきっかけは何か??
2005年秋のイーホムズの報告はこれらと無関係な出来事だったか?

もし長野に大地震が発生したとしても、それが補修後であってくれれば、合同庁舎はその揺れに耐え、防災拠点の役割を全うできるばずです。そうすれば、長野の多くの人の生命と財産が失われずにすむ。そのとき、長野県の人たちは、イーホムズの馬鹿正直な勇気ある報告を思い出したりしないでしょうか??「あのとき、ちゃんと報告してくれて、ほんとうに助かった」と感謝したりはしないでしようか??。

管理人はさっき、この信濃毎日の記事を読んで、つくづく思いました。
イーホームズのみなさんは、まさに、以下の称号を冠するに値する人々だと。

「ロマンティックな愚か者」

このイーホームズのリーダーが、基本中の基本の権利『住まいの安全』を安心してまかせられる数少ない日本人の一人である事は、まさに、明々白々。こう思う今日この頃です。

というわけでご参加よろしく
 ↓



『藤田東吾を国会へブレゼント』に参加する

http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

2007.02/02(金) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

 
 

■□ 耐震偽装 オープンピアレビュープロセスを!!

理系的争点と文系的争点

水沼建築構造士VS京都市&国土交通省の争いは、2つに大別できると思われます。

1つ目は、要求されている一定の耐震力を導き出した工学上のプロセスが妥当なのか、否か。
2つ目は、建築基準法などの法令に照、手続きが、適法なのか、否か。

前者は理科系的な問題、後者は文科系的な問題。
こう言えるかもしれません。

管理人は理科系です。よって、ある自然科学系レポートの提出時にこだわるのは、なんといっても、中身です。レポート内容の自然科学的な妥当性です。一方、要求される形式的条件、例えば、法令とか、締め切り日とか、書式とか、捺印の有無とか、訂正の仕方には、本当は、なんの興味もありません。というか、はっきり言ってキライです(笑)。

例えば、「署名だけではダメです。必ず、捺印してください」と言われると、「すみません、すぐ、捺印します」と神妙な外見を見せます。が、しかし、実は、(ハンコなんてなくたっていいじゃん、計算は大丈夫なんだからさ。)と、心の中で、悪態をつきます。

この2種類の争点が、今回は特に、ごちゃごちゃになっている印象があります。

データの開示と科学的な検証が必要 Open Peer Review Trial and Debate!!

今回は、理科系的争点の話を書きます。

耐震力の数値について、水落建築構造士と京都市のの見解は、真っ向から対立しています。したがって、第三者を、科学的に納得させるためには、各自が検証方法や結果などの証拠を開示しなければなりません。開示された証拠は、科学的な判断能力を持ったジャッジによって、科学のルールに則って、検証されなければなりません。

この検証過程は、もちろん、開示されなければなりません。なぜなら、ジャッジが間違う可能性もあるからです。一人でも多くの専門家の目が必要です。

また、この問題は、社会問題化しています。よって、実際に、中立公平なジャッジだったというだけでは不十分です。「たしかに、中立公平なジャッジだったな」という外見も要求されます。そのためには、すべてを公開してのジャッジが必要と思います。

つまり、通常の非公開のピアレビュープロセスではなく、オープンなピアレビュープロセス(例えば、『Nature』の"Nature Peer Review Trial and Debate") が要求されている。こう感じます。
http://www.nature.com/nature/peerreview/index.html

中立公平らしさのためには、ジャッジの人選も大事な要素です。たとえば、ある裁判で裁判官がどちらかの親戚だったと仮定してみましょう。この条件下では、たとえ、すべてをオープンにして審議して、公正中立に判決を下したとしても、心理的に受け入れられない可能性があります。また、裁判官が意識し過ぎて、かえって、判決が身内に厳しくなってしまう可能性もあります。水落建築構造士はJSCAの会員です。しかるべき対処が必要と思います(前記の仮定は、あくまで、帰無仮説)。


水落建築構造士 JSCAに事情 「必要に応じて再び話を聴き、対応を判断」(JSCA幹部)


さて、今日の水落建築構造士のご様子をKNBが報道しました。以下に、引用します。
動画もあります。
http://www2.knb.ne.jp/news/20070201_10146.htm

[引用開始]
耐震偽装、水落建築士が協会に対し説明

富山市の水落光男建築士は、1日、みずからが所属する日本建築構造技術者協会に対して、一連の問題の経緯を説明しました。

水落建築士は、当初、みずからが会員として所属する東京・千代田区の日本建築構造技術者協会を訪れると話していましたが、ここには現れませんでした。

関係者によると、東京都内の別の場所で協会の幹部数人と面談し、一連の問題の経緯について説明したということです。

面談は1時間以上行われたということで、水落建築士は耐震強度を偽装したという指摘を改めて否定したうえで、国土交通省や京都市が構造計算書を再調査した結果とみずからが計算した結果が大きく異なる点について、客観的に判断できる第3者の紹介や機会を設定するよう求めたとみられます。

協会の森田雅文常務理事は「きょうは本人から事情を聴くのが中心で、今後、必要に応じて再び話を聴き、協会としてどう対応するかを判断したい」と話しています。
[引用終了]

客観的に判断できる第3者・・・
例えば、日本建築防災協会「違反是正計画支援委員会」でしょうか??

なお、「違反是正計画支援委員会」については以下を。

「今般、構造計算書の偽装問題に対して、国土交通省方の委託により、特定行政庁からの要請に基づき必要な助言を行う「違反是正計画支援委員会」を設置いたしました。(2006.2.2)」(日本建築防災協会HP)
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/





『藤田東吾を国会へおくるかい??』に参加する

http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/


2007.02/02(金) |  未分類  | Comment(2)  []

 
 

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。