耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 富山の水落物件調査状況 富山市HP KNBHP 国交省HP

富山市市長 水落物件の調査状況に言及 市長定例記者会見 07.02.02

旧聞に属しますけれども、2007年2月2日の富山市長定例記者会見で、市長が水落物件の調査状況に言及しています。富山市HPから以下引用しておきます。HPへの掲載日は不明です。(小見だしは管理人)
http://www7.city.toyama.toyama.jp/pr/interview/070202_1.html

[引用開始]
記者
1月25日に明らかになった富山市在住の設計業者の耐震偽装疑惑で、県内最多の対象物件がある富山市は、現在安全性の再確認を行っています。
該当する物件には小学校も含まれるとのことですが、市長はどう思われますか。
また、万一基準以下だった場合の対応などを考えていますか。

市長
よくわからない事案だと思っています。
疑念があって対象となる物件について再調査、再確認の作業を行うよう国からの指示があり、都市整備部では鋭意作業を進めています。1月31日まで中間報告を行うとのことでしたので、県には調査した物件について問題がなかった旨を報告したところです。

当初79件、調査を要しない建物がいくつかあり、精査したところ65件

今朝、担当課から聞いたところでは、当初79件でありましたが、調査を要しない建物がいくつかあり、精査したところ65件でありました。作業を早く進めて問題ないということを確認し、いずれそのことについて発表したいと思っています。

65件の中には公共施設も含まれていますが、公共施設であってもなくても富山市の建築確認の作業においては、施主そして設計士の名で申請されているものはすべて定められた方式で確認しているようですので問題はないと思っています。申請された数値を鵜呑みにして処理しているのではありません。

万一という質問ですが、したがって万一ということであってもまずは問題がないと思っています。もし作業の中でいささかでも疑念があるというものが出てくればその時点で細かく調査していくことになると思います。今は、建築確認申請書を出されたものに対して、もう一度確認するという作業を行っているところですので、作業を急ぎたいと思っています。

記者
京都市と富山市の設計士の意見が食い違っていますが、市長はこのことについてどうお考えですか。

設計士は京都市に、具体的数字を示しもう少し明解にできるものならすればよい気が


市長
よくわかりません。設計士は京都市に対して、具体的に数字を示してもう少し明解にできるものならすればよいという気がします。京都市が計算すると70数パーセントであったということしか報道では知ることができませんので…。

私の立場で今急がなくてはならないのは、やはり該当していると指摘されている物件の再確認を急ぐことだと思っていますので、日常業務に支障が出るかもしれませんが、バランスを見ながら作業を急がせたいと思っています。

どの建物が65件に含まれるのかということを申し上げることが良いのかということは(再確認をしていることと、それらの物件を特定し発表するということとは)別の問題でありまして、安全だと確認できたものについて時機を見て発表することは可能だと思いますが、どの段階でどうするかは、県、国とも協議していきたいと思います。

繰り返しになりますが、富山市の再確認という作業においては、該当する物件についてきちんと確認しているわけですので、まずは問題ないだろうと思っています。市民の皆さんにはその点をよく受け止めていただいて判断いただければと思います。

記者
全物件について問題ないと考えてよいでしょうか。

市長
富山市が、建築確認申請書の確認をしたものについてはそれほど心配していません。

ただし、民間の検査機関が確認したものがあるわけですので、それについては市が自信を持って言う立場にはありませんから、それも含めて再確認をするということです。
[引用終了]

富山県内の調査対象数 増えて131件に うち79件安全確認 2/14


2007年2月14日、KNBは、その後の調査について以下のように報道しました。動画もあるようです。
http://www2.knb.ne.jp/news/20070214_10301.htm

[引用開始]
県内の調査報告、79件安全性を確認

富山市の田村水落設計が構造設計した建物全ての調査が全国で進むなか、県はこれまでに79件の安全性を確認し国に報告しました。

また、県内の調査対象数がこれまでより増えて131件になったと発表しました。

県内の調査対象は当初109件でしたが、田村水落設計から富山市内の高層共同住宅など新たな物件の報告があり、131件に増えました。

このうち79件で安全性を確認したということです。

残り52件の内訳は共同住宅が15件、ホテルと病院が1件ずつ公共施設が8件などとなっています。

県は所管する6階以上の高層マンション2件を県建築設計事務所協会に外部委託し、中低層で特殊な構造の建物など4件は日本建築構造技術者協会・中部支部と2重にチェックする予定で、年度内に調査を終えたいとしています。
[引用終了]

ちなみに、国交省HPによると、2007年2月2日時点では、富山県内の水落物件110物件中、安全が確認されたのは29件となっている。81件が調査中となっている。

(株)田村水落設計関与物件に係る調査の状況(都道府県別)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/07/070202_.html
スポンサーサイト

2007.02/15(木) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。