耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 静岡新聞「耐震強度不足の疑い 静岡市のマンション」

新たに発見 耐震強度不足の疑いのあるマンション 国交省のサンプリング中から

2007年3月17日付けの静岡新聞に、国土交通省のサンプリング調査の結果の一つが報道されていました。
http://www.shizushin.com/local_social/20070317000000000025.htm

とても重大な結果と思います。以下に引用します。

[引用開始]
耐震強度不足の疑い 静岡市のマンション

静岡市駿河区内に建つ10階建てのマンションに耐震強度不足の疑いが強まり、国土交通省からの連絡を受けて検証作業を進めてきた市が16日夜、本格調査に入る方針をマンション住民の代表に伝えた。

マンションは平成14年の建築で、36世帯が入居する。市内の販売会社が大手ゼネコンに発注して建設し、市が建築確認を行った。

耐震データ偽造事件を巡り、国土交通省が全国の10階建て程度のマンション約400棟を無作為抽出して実施したサンプル調査(書類調査)で、このマンションの耐震強度が基準を下回った。同省からの連絡を受けた市が、建築確認申請時に使われた構造計算書の内容が適正かどうかを再計算したところ、同様の疑いが浮上したとみられる。

住民代表への説明を終えた市の担当者は「構造計算書の検証で、計算表の入れ替えをうかがわせる不自然な個所が見つかった。早急な作業を進めている」と話した。

市は今後、このマンションが建築基準法に適合しているかどうか、耐震基準を満たしているかどうか―などを、本格的に再検証する。今回は途中経過の報告で、調査終了を約1カ月後と見込んでいる。
[引用終了]

マスメディアは、このニュースを伝えたのでしょうか??
少なくとも、管理人は見つけられませんでした。

もし報道していないのであれば、マスメディアがこれを報じない理由はなんなのでしょうか。いくつか可能性を列挙してみます。

(1)知っているが、この問題への熱が冷めてしまい、ニュース性を感じない。
(2)知っているが、他にもっともっと重大と感じるニュースがあって報じられない。
(3)知っているし、ニュース性も大きいと感じているが、報じるべきではないと判断。
(4)国交省が発表していないので気づいていない。

いずれにしろ、確率の問題としては、この静岡のマンションが、全国の10階建て程度のマンション(新耐震基準)の中で、唯一の耐震不足の疑義のある物件であるとは考えにくい。こう思われます。

というわけで。

↓↓↓



『藤田東吾を国会へおくるかい??』に参加する

http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/
スポンサーサイト

2007.03/21(水) |  未分類  | Comment(2)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ 耐震偽装の疑いがあるマンション

From : マンション掲示板 #jMdoBaNc / URL -  2007.04・12  [edit]

http://www.e-mansion.co.jp/cgi-local/mibbs.cgi?mode=point&fol=manque&tn=1033&re=15

構造偽装に絡んだ人が設計したマンションの価値
http://www.e-mansion.co.jp/cgi-local/mibbs.cgi?mode=point&fol=manque&tn=0983&rs=51

■□ 静岡市のマンション、耐震強度不足…建築士は「故意」否定

From : 2007年4月22日 読売新聞 #jMdoBaNc / URL -  2007.04・22  [edit]

http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20070423hg01.htm

静岡市駿河区の分譲マンションが、建築基準法で定められた耐震基準を下回っていることが、静岡市の調査でわかった。

市は23日夜、住民に調査結果を説明し、建築主に近く是正を指示する。

国土交通省が全国の中高層マンション389件を無作為で調査した結果、このマンションが基準以下と指摘。市が構造計算書などを詳しく調べて判明した。

マンションは、静岡市内の不動産会社「ザ・トーカイ」が建築・販売し、2003年に完成した鉄筋コンクリート10階建ての全36戸。設計、構造計算は市内の建築士らが行った。

市によると、構造計算書が、途中から最初の設定と異なる条件を入力し、計算していた。市は耐震強度の数字を明らかにしないが、建て替えの目安となる基準以下ではないという。

市の調査に対し、構造計算した建築士は、故意の差し替えを否定しているが、市は、この建築士が構造計算した別の物件も確認する予定だ。

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。