耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 耐震強度不足についての調査結果公表

2007年3月29日、国交省HPで、(1)水落物件の調査結果の続報と(2)指定確認検査機関の確認物件から抽出したマンション等103件の調査結果、(3)既存分譲マンション等の耐震性のサンプル調査が発表されました。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/07/070329_.html

(1)(株)田村水落設計が構造設計を行った耐震不足物件:物件概要
(株)田村水落設計関与物件に係る調査の状況(都道府県別)

(2) 指定確認検査機関の確認物件から抽出したマンション等103件の調査について

(3) 既存分譲マンション等の耐震性のサンプル調査について

イーホームズの通報した水落物件『アップルガーデン若葉』は、耐震性に大きな問題があったようです。Qu/Qunの最小値は0.50と今回発表されたものの中で最小値になっています。また、もう一つの水落物件『アパガーデンパレス成田』も0.74と、少なくとも、法の定める基準値1.0を下回っていたとのことです。

さらに、他の確認検査機関の水落物件でも、二つの物件が。法の定めるQu/Qunの基準値1.0を下回っていたとのことです (本Blog管理人はこの基準の一人歩きに批判的ですが・・)。すなわち、『アパホテル京都駅鳥丸口アパヴィラホテル京都駅前)』→0.71、『アパホテル京都駅堀川通』→0.79です。

上記の情報公開を受けた新聞報道は以下にあります。


(1)「水落物件、埼玉でも耐震偽装か」(北日本新聞、2007年03月30日)
http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20070330/3881.html


[引用開始]
「田村水落設計」(富山市清水中町)が耐震強度の偽装を指摘された問題で、埼玉県は二十九日、アパグループが同県鶴ケ島市に建設中の分譲マンション「アップルガーデン若葉駅前」の耐震強度が不足し、建築基準法で定めた基準の50パーセントだったと発表した。同県は「適正な構造計算でないのは明らかで偽装と言わざるを得ない」とし、同グループに是正計画の提出を指示した。

構造計算をした水落光男元建築士は県に「構造計算の方法に落ち度があったかもしれない」と説明。建物にかかる荷重が約二割低い値で構造計算されているため、震度6程度の地震で倒壊する恐れがあるという。

東京都も同日、水落元建築士が担当した「アパホテル日本橋駅前」(十五階建て、営業休止中)の柱の一部に強度不足が見つかったと発表した。
[引用終了]

(2)「アパ物件2件で強度不足 マンションと東京のホテル」(共同通信、2007年03月29日 )
http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007032901000397.html

一方、以下のニュースもヒットしました。

(3)「4棟「安全確かめられた」 京都市が耐震偽装問題で調査」(京都新聞、2007年03月28日)
http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2007032800151&genre=A2&area=K10


いずれにしろ耐震不足問題は、継続中の大問題です。というわけで

↓↓↓



『藤田東吾を国会へおくるかい??』に参加する

http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/

追記
ここ一ヶ月は体調不良 (緊張型頭痛?、頭の使い過ぎ?)。さらに、ここ10日間くらいは、4月からはじまる新しい活動の準備におわれ、なかなか、blogの更新ができません。ほんとうは国交省資料を解析して、ここに、載せるべきなのですが・・・。

ご容赦ください。

追記(2007.3.30,12:40頃)

2007年3月29日付けの毎日新聞は「<耐震不足>全国の新築中層マンションの1割で 国交省調査」という見だしで「 国土交通省は29日、耐震データ偽造事件を受けて行った全国の中層マンション389棟を対象としたサンプル調査で、1割以上にあたる40棟が耐震強度不足の疑いがあると発表した。」としています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000115-mai-soci

しかしながら、この報道内容には疑問があります。

国交省HPの資料によると、既存分譲マンション等の耐震性のサンプル調査の対象となったサンプル389件中、今回調査結果が発表されたのは234で件のみで、残りの154件は調査中です。しかも、この234件中、耐震強度に問題ありは1件のみです。

また、同資料によると、指定確認検査機関の確認物件から抽出したマンション等103件については、3件がまだ調査中なので、調査済みは100件。このうち、耐震性に問題ありは1件のみ。耐震性は問題無しだが、誤りありが2件21件( 3/30, 16:50頃訂正しました。誤りありは21件です。)ということです。

上記の毎日新聞の「1割以上にあたる40棟が耐震強度不足の疑いがあると発表した」の根拠がどこにあるのでしょうね?

毎日新聞の勘違いでしょうか?
スポンサーサイト

2007.03/30(金) |  未分類  | Comment(5)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ 

From : shika #H6XGk.yM / URL -  2007.03・30  [edit]

29日、耐震偽装の話題を取り上げたニュースがほとんどなかったのは何故でしょう?朝日新聞の29日夕刊、30日朝刊にも
一行も記事がありません。どちらかに載ってしかるべきニュースだと思うのですが。マスコミは誰かに遠慮しているとしか思えない。また、アパのような、利益追求を最優先するデベロッパーが超高層タワーマンション(東京・大阪・仙台)を売っていることに恐怖を感じる。

■□ 

From : サリー #02HQFJ0M / URL -  2007.04・01  [edit]

>上記の毎日新聞の「1割以上にあたる40棟が耐震強度不足の疑いがあると発表した」の根拠がどこにあるのでしょうね?

国土交通省の資料の表では、耐震性×は1件です。
表の下に「40件について構造図と構造計算書の不整合や不自然な構造計算のモデル化など構造計算に疑問がある。関係特定行政庁において最終的な検証を行うこととしている。」とあります。
日本建築防災協会で構造計算したら耐震強度が50%~90%台で、今後特定行政庁で設計者のヒアリング等で再計算して基準に合うか詰めていくのではないでしょうか。
耐震強度があるか無いかの判定は特定行政庁が決めるようです。

3/8構造計算適合性判定に関する講習会で、「耐震偽装後、国土交通省の調査で、103件中、耐震性を満たしていないのが15件、耐震性がOKだが問題あり19件」という話しがありました。
どうやらこれは国土交通省の資料の上段の指定確認検査機関の確認物件から抽出したマンション等103件の調査についてだったようです。
表の外の15という数字が一致しています。
よって、表の外に書かれているのは、耐震性のない物件と思われます。

■□ 

From : 管理人 #- / URL -  2007.04・02  [edit]

shikaさん、はじめまして。

なんで報道しないんでしょうね。おっしゃるように遠慮してるんでしょうか。あるいは、第一次耐震偽装事件での過剰な報道を反省したんでしょうか。それとも、建築物の耐震強度不足が日常茶飯事化(!)してしまいニュース性が薄れたと判断してしまったということも考えられます。不思議な現象です。

いずれにしろ、報道すべきニュースの優先順位と実際に報道されるニュースとの間に、無視できない誤差があるようです。このあたりは、各自が自主的にネットにアクセスして埋めていくしかないようでね

■□ 

From : 管理人 #- / URL -  2007.04・02  [edit]

サリーさん、こんにちは。

貴重なご指摘ありがとうございます。

「毎日新聞の「1割以上にあたる40棟が耐震強度不足の疑いがあると発表した」」の根拠は、以下の部分ってことですね。

「(財)日本建築防災協会の調査では、40 件について構造図と構造計算書の不整合や、不自然な構造計算のモデル化など構造計算に疑問があるとの指摘。
関係特定行政庁において、これを踏まえ、その他の物件を含めた最終的な検証を行うこととしている。」

ということは、389件サンプリングして、234件はOKで、1件がNGと確定しているので、「疑いあり」の40件は、調査中の154件の中にあるということになりますね。疑いありと発表する以上は、調査中とはいえかなり調査は進んでいて、グレーというよりは黒に近いということでしょうかね。

いずれにしろ、(1)どんなサンプリング方法なのか、(2)誰(機関)が調査しているのか、(3)どんな方法で調査しているのか、(4)どんなデータから結論を導いたのか、そして、そもそも、(5)どうやって何を基準にその調査者を選んだのか。これらの情報を開示していただく必要がありますよね。

■□ 

From : サリー #IPQDTXC. / URL -  2007.04・02  [edit]

管理人さん、こんにちは

>(1)どんなサンプリング方法なのか、(2)誰(機関)が調査しているのか、(3)どんな方法で調査しているのか、(4)どんなデータから結論を導いたのか、そして、そもそも、(5)どうやって何を基準にその調査者を選んだのか。これらの情報を開示していただく必要がありますよね。

http://arc-structure.sakura.ne.jp/bbs.htm
建築構造設計会議室(掲示板)のスレッド「1割が耐震強度不足」にホームズさんがコメントを寄せていますのでご覧下さい。
手間をかけて再計算している様子もわかります。
今まではマンションを調査していましたが、今年度は事務所ビル・ホテルを対象に調査をするようです。

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。