耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 「日本人は核廃絶を言うが、本音は違う」のか?

「日本は核廃絶を言うが、本音は違う」との疑念が国際社会に広がっている(新潟日報)

原爆投下の評価について、新潟日報に非常に深く考えさせられる記事がありました。
ご紹介します。
http://www.niigata-nippo.co.jp/nipposho/index.asp?nipposhoNo=362

<引用開始>
「原爆投下を正当化しようとする考えがいまだに存在することは、長崎市民にとって許し難い」。被爆から五十二年を迎えた一九九七年、長崎市長の伊藤一長さんは平和宣言でそう訴えた

▼それから十年、伊藤さんは凶弾に倒れ、長崎県出身の久間章生防衛相が原爆投下を肯定するかのような発言を行った。被爆者団体は抗議文で言う。「平和への誓いを、そんなこと言ったって『しょうがない』と聞いていたのですね」

▼長崎市民の間には、「政府や外務省は被爆地の期待を裏切り続けてきた」との思いがある。九四年、ハーグの国際司法裁判所が「核兵器使用は国際法違反かどうか」と、陳述書提出を求めたときのことである。外務省が用意した答えが被爆者を怒らせた

▼「国際法の人道主義の精神には合致しないが、実定国際法に違反しているとはいえない」。世論の批判を浴びて、後半の部分は削除された。しかし外務省は、ハーグで証言することになった伊藤さんに「国際法違反に踏み込むな」と、圧力を掛けた

▼ 自民党県議から転身したばかり。悩み抜いたことだろう。被爆した子どもの写真を掲げて核兵器使用の違法性を訴えた伊藤さんは、裁判官の真剣な目を見た瞬間「心が通じた」と確信した。涙が出たという。その法廷で外務省の担当官は「(伊藤発言は)政府見解ではない」と言い放った

▼「日本は核廃絶を言うが、本音は違う」との疑念が国際社会に広がっている。閣僚らが核保有論議の必要性に触れる中での「しょうがない」発言である。陳謝で済まされる問題ではない。政府、自民党の本音はどこにあるのか、参院選の争点の一つにしたい。

[新潟日報7月3日(火)]

<引用終了>

『日本人は核廃絶を言うが、日本人の本音は違う』のか??

「『日本は核廃絶を言うが、本音は違う』との疑念が国際社会に広がっている」が事実だと言う前提に立つと、少なくとも、以下の点を、世界に対して、明確にする必要があるようです。

(1)『日本政府は核廃絶を言うが、日本政府の本音は違う』のか。

(2)『日本人は核廃絶を言うが、日本人の本音は違う』のか。

管理人の感覚では、このあたりは以下のようだと思っています。

たしかに『日本政府は核廃絶を言うが、日本政府の本音は違う』かもしれない。しかしながら、少なくないJapanese pepopleは心から核廃絶を望んでいるし、「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し」た60年前の真摯な誓いの言葉は、まだ、失われてはいない。

いかかでしょうか??
スポンサーサイト

2007.07/09(月) |  未分類  | Comment(2)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ 久間「しょうがない」発言を「しょうがない」と思う日本人の精神構造を読み解くには

From : ゴンベイ #eBcs6aYE / URL -  2007.07・11  [edit]

この問題を読み解くには、

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : 「なぜ憲法九条が日本にとって最大の安全保障なのか?」 ~天木直人氏に会う~
http://amesei.exblog.jp/5758518/

Trend Review | 戦後アメリカによって、観念支配が深く徹底的に行われた。それが本当の敗戦→「属国化」だった。
http://www.trend-review.net/blog/2007/07/000317.html

と読み合わせるといいと思います。
洗脳工作に関してはさらに、

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : 新刊『プロパガンダ教本』の宣伝
http://amesei.exblog.jp/5746908/

なんて宣伝されている新刊もありますが(笑)

暗いニュースリンク:お薦め書籍リンク
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/links_books.html

では、宣伝工作の本場・アメリカで出版されたもの(一部邦訳あり)が盛りだくさん。

■□ No title

From : 一郎 #- / URL -  2007.07・11  [edit]

こんにちは。

貴重な情報をありがとうございます。
勉強させていただきます。

ところで、

文芸春秋で桜井さんの記事を読みました。
ワシントンポストの意見広告は1500万円だそうです。
なかなか、厳しい数字ですねえ・・

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。