耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 未だ原爆投下に抗議したことなし...政府答弁書

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=2000251&tid=86gzej2bca4xa4n935d5adobfa4ja47a1dc0afidcezjdbbdq&sid=2000251&mid=1&type=date&first=1戦後、政府として、米国に対し原爆投下を直接抗議したことは未確認

毎日新聞07月10日19:51付けの報道(大前仁記者)によると、日本政府が、戦後、米国に対して、原爆投下を直接抗議したことは「確認されていない」のだそうです。

毎日新聞07月10日から引用します。

<引用開始>
政府は10日の閣議で、第二次大戦末期の米軍による広島、長崎への原爆投下について、戦後米国に対し直接の抗議は行っていないとした答弁書を決定した。原爆投下をめぐる久間章生前防衛相の発言後に出された新党大地の鈴木宗男代表の質問主意書に対する答弁。

戦後米国に対し原爆投下を直接抗議したことは「確認されていない」と明記。

「戦後60年以上を経た現時点で、米国に対し抗議を行うよりも、核兵器のない平和で安全な世界の実現を目指し、現実的かつ着実な核軍縮努力を積み重ねていくことが重要」と強調した。
<引用終了>

宗男日記はこちらです。
http://blog.goo.ne.jp/kouich3big/d/20070706

質問主意書はここ。473です。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_shitsumon.htm

質問答弁経過情報です。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_shitsumon.htm

日本政府は、原爆投下に対して、政府として、戦後は一度も抗議したことはないということは、恥ずかしながら、知りませんでした。

以下に、いちどだけ、日本政府として抗議した抗議文の一部をご紹介します。

米機の新型爆弾による攻撃に対する抗議文

昭和20年8月10日。
鈴木貫太郎首相が、日本政府として、スイス政府経由で、米政府(トルーマン大統領)に送付した抗議文です。

<引用開始>
米機の新型爆弾による攻撃に対する抗議文(昭和二十年八月十日)

本月六日米国航空機は広島市の市街地区に対し新型爆弾を投下し、瞬時にして多数の市民を殺傷し同市の大半を壊滅せしめたり。広島市は何ら特殊の軍事的防備乃至施設を施しおらざる普通の一地方都市にして同市全体として一つの軍事目標たるの性質を有するものに非ず

─中略─

米国政府は今次世界の戦乱勃発以来再三にわたり毒ガス乃至その他の非人道的戦争方法の使用は文明社会の輿論により不法とせられおれりとし、相手国側において、まずこれを使用せざる限り、これを使用することなかるべき旨声明したるが、米国が今回使用したる本件爆弾は、その性能の無差別かつ残虐性において、従来かかる性能を有するが故に使用を禁止せられおる毒ガスその他の兵器を遙かに凌駕しおれり。

米国は国際法及び人道の根本原則を無視して、すでに広範囲にわたり帝国の都市に対して無差別爆撃を実施し来り多数の老幼婦女子を殺傷し神社仏閣学校病院一般民家などを倒壊又は焼失せしめたり。而して今や新奇にしてかつ従来のいかなる兵器投射物にも比し得ざる無差別性残虐性を有する本件爆弾を使用せるは人類文化に対する新たなる罪状なり。

帝国政府は自らの名においてかつまた全人類及び文明の名において米国政府を糾弾すると共に即時かかる非人道的兵器の使用を放棄すべきことを厳重に要求す。
<引用終了>
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/200100/www/html/gijiroku/9002/giji05_1.html


ミッション「ワシントンポスト等への意見広告」か??


6/30日には、日本の防衛相の以下の発言がありました。産經新聞から引用します。
http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070630/ssk070630000.htm

<引用開始>
日本が戦後、ドイツのように東西で仕切られなくて済んだのはソ連が(日本に)侵略しなかった点がある。米国はソ連に参戦してほしくなかった。日本に勝つのは分かっているのに日本はしぶとい。しぶといとソ連が出てくる可能性がある。

日本が負けると分かっているのにあえて原爆を広島と長崎に落とした。長崎に落とすことで日本も降参するだろうと。そうすればソ連の参戦を止めることができると(原爆投下を)やった。

長崎に落とされ悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で、しょうがないなと思っている。米国を恨むつもりはない。

勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るのかなということも頭に入れながら考えなければいけない。
<引用終了>

また、すでにご報告したように、7/3にはジョセフ米核不拡散担当大使の原爆投下の正当化発言がありました。

ここは、やはり、市民として、何らかの意見広告をワシントンポスト等のアメリカの新聞に出すことを真剣に検討するタイミングなのかもしれませんね。

皆さんのお考えはいかがでしょうか??

Yahoo掲示板にトピック「原爆投下への抗議記録なし…政府答弁書」を作成しました。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=2000251&tid=86gzej2bca4xa4n935d5adobfa4ja47a1dc0afidcezjdbbdq&sid=2000251&mid=1&type=date&first=1

よろしければ、ご覧にください。
スポンサーサイト

2007.07/11(水) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。