耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 地震後 微量ヨウ素 19日発表 柏崎原発

「事故の際現場担当者は、信じられないほど楽観的である」(原発事故その時、あなたは!,瀬尾健)

また、ひとつ、柏崎原発事故の新たな事故データが明らかになりました。

うーん、と。
思わず、思わずにはいられません。

新2007年7月19日、新潟日報はこう報じています。

<引用開始>
地震後7号機から微量ヨウ素

東京電力・柏崎刈羽原発7号機の排気筒から放射性物質が大気中に放出された問題で、東電は19日、微量のヨウ素が18日も放出されていたと発表した。

中越沖地震で自動停止後に、排気筒に排気を送り込む蒸気排風機を手動で停止させなかったのが原因と推定される。担当者は「なぜ気付かなかったかは調査中」としている。

東電によると、放出されたのは約2000万ベクレルと推定。人体への影響は法定限度量の500万分の1だという。
<引用開始>
http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=1296

久しぶりに、瀬尾健さんの『原発事故その時、あなたは!』を、ひっばり出しました。
瀬尾さんは、20年以上前、スリーマイル島やチェルノブイリなどの原発事故から8つの原則をまとめていらっしゃいます。

「事故の影響は過小評価される。」(瀬尾健)

『原発事故その時、あなたは!』Pp.88-94から引用しましょう。

(1)事故は思いがけないことから起こり、予想外の経過をたどる。
(2)フェイルセーフ、フールプルーフはありえない。
(3)事故の際現場担当者は、信じられないほど楽観的である
(4)事故の通報は遅れる。
(5)関係者はあらゆる手を尽くして事故を秘密にする。
(6)事故の影響は過小評価される。
(7)経済性のためには、少々の安全は犠牲にされる。
(8)被害者は、因果関係がはっきりしないのをいいことに、切り捨てられる。

原子力資料室HPに以下の記事と写真がありました。

<引用開始>
写真撮影の制限があって絵で紹介できないのが残念ですが,液体の放射能が漏れた6号炉内部では,入口付近の天井の化粧板の一部が崩れたり,原子炉建屋地下1階の通路に置いてあるスチール製の物品棚が大きく歪み,棚においてあったと思われる乾電池などが散乱していたりという様子はいろんな場所で見受けられました.

6号炉の中3階の階段からさほど離れていない床面に水漏れ処置の跡がありました.上方にあるダクトから漏れ出ていたと説明がありました.床にビニールテープで張られた「規制線」と敷き詰められた薄茶色の紙ウエスがちょっとわざとらしくうつりました.完全に処置しないのは何故なのか,わかりませんでした.放射能水漏れがみつかったすぐそばにはロッカーのような形をした制御棒駆動装置の制御盤がたくさん並んでいました.
・・・・・
■柏崎市役所入口ロビーにある放射線モニタのテレメータシステム.午後になっても東京電力からの計測値が入ってきていない.(写真)
http://cnic.jp/files/20070717KK08.JPG
<引用終了>

放射線モニタは、偶然、地震直後のデータ記録せず

柏崎市役所の放射線モニタには、なぜか刈羽柏崎原発のデータ伝送されず、復旧したのは7月18日16時。

なんで??

東京電力刈羽原子力発電所リアルタイムデータにアクセスしたら、こんなふうに説明し
てありました。
http://www.tepco.co.jp/kk-np/monitoring/index-j.html

<引用開始>
平成19年7月16日の10時13分に発生した中越沖地震発生直後より、インターネットへのデータがシステム障害により、表示されませんでしたが、7月18日16時にシステムを復旧し、通常表示を開始しました。

この間、皆様にご迷惑、ご心配をおかけしたことをお詫びいたします。

7月17日16時以前のデータは
http://www.tepco.co.jp/nu/kk-np/info/pdf/19071702.pdf
をご覧ください。(平成19年7月18日)

モニタリングポスト更新工事に伴い、平成19年7月16日~平成19年7月27日の間、MP-7が「点検中」表示となります。(平成19年7月18日)
<引用終了>

というわけで、地震直後から7月18日16時までは、データなしとは。。。。

なんと間の悪い!!
使えねえ!!

なお、7/16日の時事通信などは「柏崎刈羽原発7号機の主排気筒からヨウ素131、同133、クロム51、コバルト60の放射性物質」と報道しています。

各元素の半減期をBlog『ペガサス・ブログ版』から引用します。
http://blog.so-net.ne.jp/pegasus/

半減期
ヨウ素131 8日
ヨウ素133 21時間
クロム51 28日
コバルト60 5年


『原発事故その時、あなたは!』


今夜は、『原発事故その時、あなたは!』を読み返してみることにします。

瀬尾先生や高木先生がご健在なら、なんとおっしゃるでしょうか・・・

このYoutubeもぜひどうぞ。

「柏崎刈羽原発事故と原発震災のシミュレーション 2-1」
http://jp.youtube.com/watch?v=M4OFSHhDSkI
スポンサーサイト

2007.07/19(木) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。