耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 近い将来、日本は、壊滅的な原発震災に見舞われる?

原発震災:「将来、壊滅的な被害も」石橋・神戸大教授指摘

2007年7月21日の毎日新聞は、日本外国特派員協会で、20日に記者会見した神戸大の石橋克彦教授の柏崎原発被災についての話を、以下のように報道しました。

<引用開始>
原発震災:「将来、壊滅的な被害も」石橋・神戸大教授指摘
・・・・
石橋教授は同原発の被災について、「何ら驚くべき事態ではない。私を含め多くの人々が危険性を訴えていた」と発言。そのうえで想定東海地震の震源域の真上にある中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の例を紹介し、「耐震指針の根本的な改善がない限り、日本は近い将来、壊滅的な原発震災に見舞われるだろう」と訴えた。
<引用終了>

この様子は、以下にあります。

(1)「国は設置許可を取り消すべき・柏崎刈羽原発」(JanJna,2007/07/21)
http://www.news.janjan.jp/world/0707/0707200426/1.php

(2)"Japanese Nuclear Power Plants and Seismic Issues"(007 Jul 20, FCCJ)
http://www.fccj.or.jp/node/2505


管理人は、石橋先生のご主張に、強く強く、賛同します。

リスクは、損害×発生確率で表されます。原発震災は、たしかに、発生確率は低いかもしれませんが、損害がケタ違いに大きい特異性があります。

石橋は叩いて渡れ。

日本政府 国際原子力機関調査団を相手にせず・・できず?・・

他方、政府は、国際原子力機関調査団受け入れを、丁重に、お断りしたようです。

以下、2007年7月21日 11時59分のMSNニュースより。

<引用開始>
日本政府:IAEA調査団受け入れ見送り

新潟県中越沖地震での東京電力柏崎刈羽原発のトラブルに関し、国際原子力機関(IAEA)が事故原因などについて調査団派遣の準備があると表明していたことに関し、日本政府が調査団受け入れを当面見送る意向をIAEA側に伝えたことが21日までに分かった。日本政府筋が明らかにした。

 IAEAのエルバラダイ事務局長は18日「IAEAは事故原因を究明し、必要な教訓を得るため、国際的なチームを通じて調査に参加する用意がある」と表明し、IAEAは同日、日本側に伝えていた。
<引用終了>

この政府の判断は誤りと思われます。
管理人は、強く強く、IAEAの調査受け入れを主張します。
三人よれば文殊の知恵。
みんなで、よってたかって調べた方が、ぜったい、いろいろなことがわかりますもんね。
それに、
事故情報の共有は、危機管理上、たいへん重要ですから。

スポンサーサイト

2007.07/21(土) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。