耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 慶大ロースクール教授 守秘義務違反の疑いで告発 近々にも

司法試験考査委員の慶大教授 近く地検に告発 国家公務員法違反の疑い

2007年7月27日の共同通信によると、新司法試験の考査委員の慶応法科大学院教授が国家公です。務員法(守秘義務)違反の疑いで、近く東京地検に告発されるようてす。

容疑は国家公務員法(守秘義務)違反の疑い。

試験前の答案練習会で実際の問題に類似した論点を学生に説明していた、とのことです。

うーむ。うーむ。うーむ。

以下引用します。

<引用開始>

新司法試験めぐり告発へ 論点漏らした慶大教授を

新司法試験の考査委員だった慶応大法科大学院の植村栄治教授(57)が、試験前の答案練習会で実際の問題に類似した論点を学生に説明していた問題で、弁護士で神戸学院大法科大学院の樺島正法教授(64)らが26日、国家公務員法(守秘義務)違反の疑いで、近く植村教授を東京地検に告発する方針を固めた。

樺島教授らは「試験問題を作成する考査委員と法科大学院の教授の立場では利益相反が起こる」と主張。考査委員から法科大学院の教授をすべて除外し、第三者の法学者などで構成するよう求める上申書を近く、長勢甚遠法相あてに提出する。

植村教授は問題発覚後の法務省の調査に「合格者数維持が念頭にあった」と説明、6月29日に委員を解任された。
<引用終了>
http://www.47news.jp/CN/200707/CN2007072601000844.html

たしかに、新司法試験の合格率は法科大学院の運命を左右しますから、気持ちはわからないではありません。しかしながら、例えば、大学入試の問題を作った高校の先生が、重要ポイントを、事前に、高校の教え子に教えちゃったら、もう無茶苦茶ですもんねえ・・・

法曹界、まだ、自浄能力あり、というべきか、あるいは・・・

経緯はこちらに。
 ↓
keio-ls.ath.cx ~慶應LS在籍の教員による司法試験問題流出疑惑に関する情報サイト~
http://keio-ls.ath.cx/information.php

以下、追記(2007.7.27午前)

なお、告発された樺島正法教授は、「慶應大学法科大学院に在籍する新司法試験考査委員による平成19年度新司法試験の出題リークに関するwiki」に、2007-06-27付けで、以下の書き込みをされているようです。
http://www34.atwiki.jp/vipepper/

<引用開始>
本件は法曹養成における最重要課程において,誠に忌忌しき事件である。
我々としては,今後情報収集を行い,真相解明ならびに責任追及に向けた動きを行っていこうではないか,ということになった。
現段階では,当該考査委員の秘密漏洩罪での告発の可能性を探り,文部科学省に対しては慶應義塾大学の厳正な処分,及び法務省に対しては結果的に不利益を蒙った受験生の救済を求めて活動を展開する予定である。
これに賛同される諸氏は,大阪市北区樺島法律事務所まで連絡されたし。
<引用終了>

<引用開始>
樺島 正法 教授 [弁護士]
■京都大学法学部卒業 
■担当科目:民事訴訟実務I、民事訴訟実務II、民事法総合V、エクスターンシップ
■主要著書:『古都税反対運動の軌跡と展望』、『陪審制の復興-市民による刑事裁判』

法科大学院の改革は、総てを官僚が統制した社会を変えて、透明性・法化・ヨコ型社会の形成に指導的役割を果たせる法律家の養成が目的であります。
<引用終了>

首是

天木直人さんには、是が非でも「総てを官僚が統制した社会を変えて、透明性・法化・ヨコ型社会の形成に指導的役割を果た」していただきたいな、と思料するものです。
スポンサーサイト

2007.07/27(金) |  未分類  | Comment(1)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ 管理人のみ閲覧できます

From :  # /  -  2007.12・17  [edit]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。