耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 建築ジャーナル6月号 緊急告発

耐震偽装マンションはその上、欠陥建築でもあつた

鶴見君についての詳細は建築ジャーナル6月号に既報とのことでした。

それで、
建築ジャーナル6月号読んでみました。




これです。
  ↓
[緊急告発]
耐震偽装マンションはその上、欠陥建築でもあった 濱田幸慶 02
http://www.kj-web.or.jp/

同月号8pの[編集長通信]を合わせ読み
どうやら、事態は、かなり深刻という印象を受けました。

<引用開始>
耐震偽装マンションはその上、欠陥建築でもあつた
破壊検査をして分かつた新事実。保有水平耐震力0.63が0.21へ

姉歯物件の一つ「××××××××」[記事では固有名詞。管理人注]の保有水平耐震力比を計算してみると、発表された数値は間違つていたことが判明した。国と横浜市は施工した業者に再計算させていたのだ。また現場検査をしてみるとコンクリート打継部分が接合されておらず、偽装以前に欠陥建築であることが発覚した。
<引用終了>

以下に、建築ジャーナル6月号, 2pを引用します(マンション名は伏せる事にしました。8/6記)。




この記事は2Pの「保有水平耐力比の再計算結果」以降、計算の詳細な結果と議論、「本建物の耐震診断結果」「現況調査および現場検査の結果」を考察し、6pでは、この建物の耐震性能と今後の問題点がまとめています。

記事はこんなふうに結論しています。

<引用開始>
本建物の実際の耐震性能は先に公表された数値よりも、さらに低い数値であることが想定され、耐震上非常に危険な状態であることが判明しました。               
<引用終了>

建築関係の方で、まだお読みでない方はぜひどうぞ。

追記

上記記事の3pのQu/Qunを再々計算した結果より、以下を引用します。




追記

2007.08・03付けで、三介さんから以下の貴重な情報を頂きました。
ご紹介します。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/mansion/20070604/508205/
スポンサーサイト

2007.08/05(日) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。