耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ はだしのゲン 原爆の子

『はだしのゲン』(中沢 啓治/編・著)

その漫画は大学の研究室に置いてあった。

だれが持って来たの、と仲間に聞くと、なんと教授が持って来たと言う。
ほー、珍しい事もあるもんだ、マンガ読むんだ先生も。

かなりのマンガ好きのぼくはさっそく手に取った。

なにやら、あか抜けない絵だなあ・・・

これが、『はだしのゲン』の印象だった。



http://www.choubunsha.com/heiwa/c-hadasi.htm

今夜、フジテレビの『はだしのゲン』を見て、あの時のことを思い出した。

このテレビがきっかけになって、マンガの『はだしのゲン』を多くの人たちが読んでくれるといいな、と思う。

ぼくの経験によれば、一人で、読んだ方が良い。
タオルは、絶対に、必要だと思う。

『原爆の子』―― 広島の少年少女のうったえ ――

そして、泪が乾く前に、ぜひ『原爆の子』上・下(長田新編)も読んでほしい。



http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/8/331771+.html#SERIES

<引用開始>
一九四五年八月,広島・長崎に投下された原爆による災害は,史上かつてない惨事として,四十五年たった今日もなお深い爪あとをのこしている.自らも広島で被爆した編者が平和教育のために編集した広島の少年少女達の真率な原爆体験記は,エスペラントをはじめ十数カ国語に翻訳され,全世界に感銘をよんだ.希有の記録.
<引用終了>

小池防衛大臣や阿部総理は、マンガの『はだしのゲン』や『原爆の子』をいつ頃読まれたのだろうか。もうだいぶ昔のことではないだろうか。ぜひこの機会にもう一度読んでみてはどうだろう。

もし、まだ、読んだ事がないのなら、絶対に読むべきだ。

ぼくも、久しぶりに、マンガの『はだしのゲン』を読み直してみようと思う。
スポンサーサイト

2007.08/11(土) |  未分類  | Comment(1)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ No title

From : maruko #- / URL -  2007.10・24  [edit]

ユダヤ人人権擁護団体「SWC」の広島・長崎の原爆投下観

http://www.gameou.com/~rendaico/seito_palesutina_yudayaginmondai_swc.htm

同じ戦争で苦しんだ人間としてこのような考えを持っているとは残念です

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。