耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ ある読売新聞ファン 苦渋の決断

私は、これで、読売新聞購読やめました。

ネットを漂流していたら、興味深いopinionに遭遇しました。
大いに紹介する価値あり、と思ったので、ご紹介します。

まず、画像を、当該opinionから以下に引用します。

<引用開始>
読売11/4

<引用終了>

「「大連立」小沢氏が提案」という大見出しが目にしみます。

日付は2007年11月4日です。

これを読んで、小沢党首は激高、ぶち切れ、「4日夕の緊急記者会見で、「民主党代表としてけじめをつけるに当たり」と「中傷報道に厳重に抗議する」との2つの声明を発表した。」(民主党HPより)。

こういうことみたいです。

小沢民主党党首の証言が事実なら、この記事は「読売・世紀の誤報」として語り継がれるでしょうね (誤報以上だという見方も当然可能です)。

にしても、画像のインパクトは強い・・・

当該opinionは↓です。掲載場所はJanJanです。

私は読売新聞の購読やめました~「読売・世紀の誤報」と報道機関としての良心
http://www.news.janjan.jp/media/0711/0711085366/1.php

一方、読売新聞11/8の社説はこんなかんじです。

読売新聞は大きくイメージダウンした。未熟な体質が露呈。求心力低下避けられず。

小沢氏辞意撤回 民主党の未熟な体質が露呈した(11月8日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071107ig90.htm

「民主党にとって深刻なのは、党の脆弱(ぜいじゃく)な体質が露呈したことだ。」

「基本的な政権戦略がくるくる変わり、十分な説明もない。これで、党のトップとして、信頼を得られるだろうか。」

「小沢代表にすがりついているようでは、小沢代表以外に、党を率いる有能で力のある人材がいないことをわざわざ喧伝(けんでん)しているようなものだ。」

「今回の問題で、民主党は大きくイメージダウンした。党内には、代表の党批判などへの反発もくすぶり、小沢代表の求心力の低下は避けられそうにない。」

読売新聞社説の文言が、目にしみます。
スポンサーサイト

2007.11/09(金) |  未分類  | Comment(2)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ No title

From : ベンダソン #- / URL -  2007.11・09  [edit]

こんにちわ、
昨日の記事へのコメントですが、採点したのは今日なので、コチラに書き込みます。

読売新聞記者諸君の国語能力テスト採点ですが・・・・、
残念ながら、0点ですな。

少なくとも、私の会社では雇えない。

取り急ぎ

■□ No title

From : みんな の プロフィール
 #- / URL -  2007.11・11  [edit]

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。