耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 藤田証人の採否の決定は先送り

2006年12月12日にヒューザー事件(平成18年刑事わ2071号事件)の第4回公判が東京地裁で行われました。

さて、藤田証人の件はどうなったか??

結論はこんなかんじです。

藤田証言は今回も実現せず、証言は先送りとなった。

(1)2006年12月12日の公判期日での藤田証言はなし。
(2)藤田さんが証人として採用されるかどうかの決定は先送り。

ネット上の情報源を3つ発見しました(Yahoo!掲示板の「耐震強度の偽装問題」には、前回の公判の傍聴記が乗っていましたが、今回のものはまだみあたりません。(2006.12.14,午後8時半頃の検索)。

(a)スポーツ報知HP(12月13日)

『スポーツ報知HP』に「ヒューザー元社長・小嶋被告が屋台ラーメンで再チャレンジ?」というタイトルで、この公判についての記事が掲載されました。http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061213-OHT1T00092.htm

[引用開始]

・・・また、弁護側は改めて、耐震強度の偽装を見逃した確認検査機関・イーホームズの藤田東吾社長(45)を証人として呼ぶことを要求。しかし裁判長は「すぐに採用はしない」と語り、偽装事件のキーマン同士の共闘実現は難しそうだ。
[引用終了]

(b)PJニュースHP(12月13日09時10分)

『PJニュース』HPにパブリック・ジャーナリストの伊藤昭一さんの記事がありました。タイトルは「藤田社長の証人出廷も?=耐震偽装公判で検察側」です。藤田証人の採用について、小見出し「検察側の今後の証人出廷予定に、イーホームズ藤田社長も」と共に伊藤さんの見解がのべられていました。http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2850249/detail

以下に引用します。

[引用開始]

検察側の今後の証人出廷予定に、イーホームズ藤田社長も

なお、閉廷間際に、安田弁護士が「イーホームズ・藤田東吾社長の発言の事実確認が済まない段階で公判を進めるのは、不合理であり、裁判官は藤田社長を証人に呼ぶべきである」という主旨を主張。裁判長は、検察側の証人予定も考慮に入れ、弁護側の証人申請は認めない意向を示した。それに対し検察側は、藤田氏には時期を見て証人として呼ぶ予定に変更はないが、出廷の時期は公判の進行のなかで考慮する、と表明した。

このことから、藤田東吾社長が、検察側の証人として公判に登場する可能性が、まだ残されていることが示された。同時にこれは、藤田社長を検察側の証人予定に置くことで、弁護側の証人としての出廷の道をせばめた、という意味にも受け取れる。

[引用終了]

後日、blog『小太郎とカラスウリと』に詳しい傍聴記アップとのこと 期待

(c)blog『小太郎とカラスウリと』(2006.12.13日記)

blog『小太郎とカラスウリと』には、前回に引き続き、傍聴記の要旨が掲載されていました。http://kotarozonu.seesaa.net/archives/20061213.html

以下に関係部分を抜粋して引用します。詳細は後日に掲載されるとのことです。ありがたいことです。

[引用開始]

閉廷前に安田先生が次回のスペースワン・I氏の尋問前に
藤田氏を証人として立たせて欲しいと裁判長に言いました。
しかし裁判長は今の段階では呼びません、と言いました。
安田先生が今度は検察に「請求は維持か撤回か」という問いを
すると、検察は「維持している」との事でした。
最後に先生は「裁判所はもっとイニシアチブを持って、積極的
にやってくれ」と怒っていました。

[引用終了]

ところで、他のメディアはどうかな??と、検索したり、HPを閲覧したりしました。しかし、ほぼ、全滅みたいです(2006.12.14, 午後8時半頃の調べ)。

つまり、読売・毎日・東京などの既存メディアはもちろん、JanJan, オーマイニュース, J-Castニュースにも載っていないということです。そして、以下のように、つい最近、決意宣言を掲載した朝日新聞も、今回のヒューザー事件の公判については掲載していないようです。

「人々の知る権利にこたえることに記者の存在意義はある。」(朝日新聞記者行動基準 2006年12月1日制定)

うーむ、こうなってくると、このBlogの12/02の日記で朝日新聞へエールを送った管理人は愚か者ってことなのかもなあ。

こうなったら、頼りは、blog『小太郎とカラスウリと』!!


裁判所判断「藤田証言の機は未だ熟さず」 訴訟指揮権は裁判所にあり 
 

以上から、藤田証言の現状をまとめると、こんなかんじかな、と思われます。

(1)そもそも、藤田さんを証人として申請したのは検察。裁判所は、検察側の請求をうけて、藤田さんを証人として召喚することを決定していた。(yahoo!掲示板によると証言の順番は6番目)

(2)被告側は、藤田さんは検察側証人と捉えていたので、反対尋問で足りると考え、自ら証人申請はしていなかった。しかし、事情が変わって、(これは被告側に有利な証言をしてもらえる)と判断したので、前回の公判で、在廷証人として証言を請求するという手法にトライした。しかし、やっぱり(?)、裁判所はこれを認めなかった。

(3)被告側の安田弁護士は、検察に、「藤田さんの証人請求をどうするつもりか」と聞いてみた。そうしたら、検察は、「今のところ、検察側証人としての藤田さんの証人請求を維持している。少なくとも、撤回するという状況にはない」と返事した。ここで、もし検察側は撤回、つまり、「藤田さんの証人申請はもうやめた」というのならば、今度は、被告側から藤田さんの証人を請求して、迅速に採用してもらうように裁判所に請求するのだけど、検察は、今のとこは「維持」ということなのでそうもいかない。

(4)さて、裁判所はというと、最初の予定通りに検察側証人として藤田さんを呼べばOKで、まだ召喚の機は熟していない、と、少なくとも今は考えている。

法治国家・日本においては、国民は裁判所を信頼し、訴訟指揮を裁判所に原則として委ねています。刑事訴訟法第294条にも、こう定められています。

「刑事訴訟法第294条 公判期日における訴訟の指揮は、裁判長がこれを行う。」

かくて、裁判所が「まだ召喚の機は熟していない」と判断しているのであれば、その意思は尊重されなければならない、と管理人は考えます。それで、少なくともこの論点においては、藤田さんの意見は不適切である、というのが、管理人の意見です。

つまり、「世界で一人しかいない、去年10月27日の、ヒューザー本社での会議における発言内容と、今年の3月下旬に行なわれた、東京地検刑事部による「偽証教唆」の証言が出来る僕(ぼく)を、先日20日の裁判に証人として出廷させなかったことは、毛利裁判長の罪だと思います。」(2006.11.22付けの藤田さんの日記から)のうちの「僕(ぼく)を、先日20日の裁判に証人として出廷させなかったことは、毛利裁判長の罪」だ、という藤田さんの見解には、同意できない、ということです。

なお、この論点については、後日詳しく書きます。以下に、関係する刑事訴訟法の条文を、ざっと。刑事訴訟法規則は省略です。

(1)刑事訴訟法第297条
裁判所は、検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴き、証拠調の範囲、順序及び方法を定めることができる。

(2)刑事訴訟法第298条
1.検察官、被告人又は弁護人は、証拠調を請求することができる。

2.裁判所は、必要と認めるときは、職権で証拠調をすることができる。

(3)刑事訴訟法第299条 
1.検察官、被告人又は弁護人が証人、鑑定人、通訳人又は翻訳人の尋問を請求するについては、あらかじめ、相手方に対し、その氏名及び住居を知る機会を与えなければならない。

証拠書類又は証拠物の取調を請求するについては、あらかじめ、相手方にこれを閲覧する機会を与えなければならない。但し、相手方に異議のないときは、この限りでない。

2.裁判所が職権で証拠調の決定をするについては、検察官及び被告人又は弁護人の意見を聴かなければならない。

追記

検察が最後まで、藤田さんの証人請求を「維持」するという保証はありません。念のため。
スポンサーサイト

2006.12/14(木) |  未分類  | Comment(2)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ 

From : ひらりん #0MXaS1o. / URL -  2006.12・15  [edit]

トラバ有難うございました。
今回の小嶋さんの裁判で藤田さんを証人に呼ぶことについては検察、裁判所とも揺れているようでした。
弁護側はこれからも強く求める意向のようです。
まだ、どうなるか分かりません。
傍聴記ですが週末になる予定です。
お待たせして済みません。

■□ 

From : 管理人 #- / URL -  2006.12・15  [edit]

ひらりんさん、こんにちは。

>藤田さんを証人に呼ぶことについては検察、裁判所
>とも揺れている

ぼくは、検察は、時期を見て、維持→撤回となるのでは、と思ってたんですけど、他の証拠だけでは立証には不十分ってことなのかもしれませんね。

週末の傍聴記楽しみにしています。

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。