耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 藤田東吾著「月に響く笛 耐震偽装」予約受付中

藤田東吾著「月に響く笛 耐震偽装」がimairu.com/Japanで予約受付中だ。
http://www.imairu.com/

アナウンスはこんなかんじだ。(個人名はXにしました)

[引用開始]

「月に響く笛 耐震偽装」藤田東吾著 販売受付開始。2006/12/13

imairu.com/Japanにて、藤田東吾氏が書いた「月に響く笛 耐震偽装」の販売受付を開始します。この本は、11/17/2005(Japan Time)に、X国土交通事務次官(当時)が、国家が行った制度上の失敗(大臣認定の構造計算プログラムのミス)を、一部の国民に罪を被せて責任逃れをしようと考えて「嘘」の発表を行い、その後一年以上にわたって日本を混乱に陥れた事件を、最初の告発者である藤田東吾氏が書いたものです。この本の販売はクリスマスを終えた後、28/12/2006(Japan Time)から発行を開始します。先着順で受付を行います。

藤田東吾氏の要望で、年内の発行を優先するために初版第一冊はソフトカバーで製作しました。第二冊以降はハードカバーになる予定です。同時に、28日から日本における有力書店において藤田東吾氏自らが本の刊行会を行います。この予定は別途Upします。

[引用終了]

さっそく「月に響く笛 耐震偽装」を予約!!

なるほど。

活字フリークとしては、ここは買うしかない!!
普通は、本屋さんで内容をパラパラみてから決めるんだけど、今回は特別だ。
さっそく、一冊予約することにした。

購入画面から、必要事項を入力し、「このお届け先に送る」ボタンをクリックする。
数分後、メールをチェックしたら、imairu.comからメールが届いた。

[引用開始]

******様

この度ご注文していただき、誠にありがとうございます。
承りましたご注文の内容につきましては、下記のとおりでございます。
発送はご入金確認後になりますのでしばらくお待ち下さい。

・・・・・・

[引用終了]

明日、さっそく、振り込まなくちゃ。

What is imairu.com/Japan ?

ところで、imairu.com/Japanって??
という興味がわいてきた。

imairu.com自身の自己紹介はこんなかんじだ。

[引用開始]

imairu.comは、imairu' missionに該当すると判断できる「本」や「音楽」等を、制作し、販売を行なっていきます。

制作販売にかかる費用は全てimairu.comが負担を行い、制作者には原則15%の印税が発生する仕組みです。

imairu.comで「本」や「音楽」を発表し、制作を行い、広く販売を行ないたいと思う人は、art@imairu.comに作品概要をメールしてください。 作品名、作品概要、作品形態の他、お名前と連絡作絡を明記してください。内容を検討させて頂き、打ち合わせに進むか否かご回答申し上げます。

現在、imairu' アソシを募集しています!

imairu' アソシに登録して、ブログ等でimairu.comが制作販売する「books & art」が販売されたら3%の手数料をGet!出来ます。(imairu.comのアフェリエイトシステムです) この機会に、imairu' asoci.に登録をしよう!みんなで、21世紀を明るく豊かな社会にする為に、imairu.comの本やミュージックを広めよう!

[引用終了]

もうひとつあった。こちらは、かなり激しい。

[引用開始]

imairu.com HP開設。2006/12/13

imairu.comのHPは、USタイムで12/12/2006開設しました。imairu.comは、21世紀を明るく豊かな社会にする為に、無名で有望な芸術家、作家、脚本家、政治家、詩人、音楽家、演劇家、カメラマン、タレント、スポーツマン等を精力的に発掘し、支援し、そして彼らの作品やパフォーマンス、映像を世に知らしめ公表を行います。

imairu.comは米国に本拠を置くと同時に、各国に法人格を設立し事業の展開を促進します(以降総称して、「imairu' mission」。)。imairu.comの最初のミッションプロジェクトは、日本における憲法21条(言論、表現、結社等の自由)の実現を図ることです。現在の日本では、一部の政権中枢にいる者達が、不当に国民の自由や財産、時には命までを搾取し、碌を窃んでいることが判明しました。よって、これを正し、正常な法治国家に回帰させる為に、imairu’ missionを日本で展開します。

尚、imairu' missionにおいて展開する各プロジェクトに対して、不当な圧力行為等を発見した場合には、USAの法廷において「懲罰的損害賠償」の訴訟を行います。ご注意の程お願い致します。

[引用終了]

国交省のバリケードはアラモの砦か?

もう少し調べようと、Blog『きっこの日記』をみた。
http://www3.diary.ne.jp/user/338790/

そうしたら、藤田さんのメッセージが転載されていた。

「この一年間を通して、テレビや新聞といったマスメディアも、報道という機能は完全に失ったことを知ったので、これはものすごいビジネスチャンスだと認識しました!そして、言論と美を追求するメディア企業imairu.comをUSAと日本に同時に設立しました。海外の友人を含む大勢の実力者が株主となって参加しています。活動開始です!

なるほど、どうやら、仲間と一緒に出版社を立ち上げたという事のようだ。

すごい行動力だなあ。

いろいろ書きたくなってきたけど、とりあえず、今日はここまでとして、今からは、imairu.comのMovie & Artに掲載されている気になる映像を見てみようと思う。

例えば、こんなタイトルのがある。
「国交省のバリケードはアラモの砦か? 12/13/2006(Japan Time)」

この紹介はこんなふうだ。

[引用開始]

内容:イーホームズ藤田東吾は、昨日(12/13)、年が明けた1月に予定している、「イーホームズの指定取消し」の行政処分を、憲法違反による無効訴訟を行うために、国交省建築指導課に事前相談に出向いた。ところが、国会正門にて、藤田の姿を見た守衛さんは急いで鉄門を閉ざしてしまいました。国交省は、営業時間中にも関わらず、一国民の藤田の侵入をバリケードを築いて阻止しました・・・

投稿者/撮影者 藤田東吾/某カメラマン  40分

[引用終了]

藤田の姿を見た守衛さんは鉄門を閉ざした??
藤田の侵入をバリケードを築いて阻止??

これは、とりあえず、見るしかない。
スポンサーサイト

2006.12/15(金) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。