耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 『月に響く笛 耐震偽装』 本日発売

本日 藤田東吾著『月に響く笛 耐震偽装』 発売日

今、日付が変わりました。新しい日がやってきました。

今日は、2006年12月28日。

藤田東吾著『月に響く笛 耐震偽装』の発売日です。

すでにimairu.comで注文したんですけど、開店時に書店に行ったほうが早く読めるかもしれませんね。さっき、imairu.com見たら、かなり、販売店が増えてました。北は、北海道、南は福岡まで、全部で40店舗以上あります。

仕事さぼって行ってみようかな(笑)

販売店の詳細は以下のURLで販売店一覧をクリックです。

http://www.imairu.com/books.html

(いよいよ出版かあ・・・これで、ネットしない人たちの目にもとまるはず・・・ある意味新しいスタートラインってことだなあ・・・)などと考えながら、2006年10月18日頃のことを思い出しています。

2006年10月22日 mixi に「マスコミの対応は無茶苦茶だ」と書いていたっけ

あの頃、管理人はBlogにこんなことを書いてました。

[抜粋転載開始]

10/20の日記

藤田さんの告発内容は事案はとても重大である。

告発がなされていることそれ自体は事実なのだから、1)藤田社長から告発があったこと、2)その真偽を確認中であることを報道することがジャーナリズムの役割なのではないか。なぜなら、この情報が多くの人の目に触れれれば触れるほど、告発内容の信憑性の確認が、より迅速かつより正確に実施できるばすだから。

10/22の日記

この数日ネットを検索し続け、藤田さんへのマスコミの対応は、無茶苦茶だ、とぼくは思う。

アンフェアである。

今、マスコミがなすべきことは、告発を無視したり、恣意的な情報を発信することなどではない。 彼/彼女らがなすべきことは、1)真相を調べて報道する、2)「藤田さんが安心して意見を表明する権利」を守る、3)「彼の身体生命の安全」を守る、ことのはずだ。

自由民主主義は、次の言葉を高らかに謳っている。ジャーナリズムの世界に身を置く人たちが、知らないはずはない。

「君の意見には反対だ。しかし、君が意見を表明する権利は命がけで守る。」

・・・・

日本は平和と民主主義を愛する法治国家だ。

ぼくは、この国に生まれたことを誇りにしてきた。もちろん、これからも、誇りをもって、この美しい祖国で楽しく暮らしてゆきたい。そのために、いま、ここに、ひとりの市民として、守らなければならないものがある、のだと感じる。

ぼくは藤田東吾さんを応援する。

[抜粋転載終了]

『月に吹く笛 耐震偽装』は、藤田さんにとって、新たな試金石となる

読み返してみると、ヒートアッブしてたのがよくわかります(笑)

管理人は、あの頃、藤田さんの告発が正しいのか間違っているのか、わかりませんでした。しかし、市民の生命と財産についての重大な告発があったのに、それを黙殺するのは絶対に間違っている、そう思ったのです。

あのあと、一生懸命勉強したので(笑)、藤田さんの告発内容の信憑性については、それなりに判断できるようになったと思っています。藤田さんの主張の幹についての精度は十分に高い。そう理解しています。

では、これまで公表されてきた藤田さんの主張のすべてが正しいのでしょうか?

管理人はそうは考えません。間違いや勘違いもありますし、「そこまで断定するのはちょっとなあ」と感じることもあります。でも、100点満点を要求する必要は、そもそも、まったくないのです。それは、バスケットボールの選手にフリースロー成功率100パーセントを求めたり、ペナルティキックを失敗したサッカー選手を罵倒するようなものですから。

人である以上、無謬(むびゅう)であるはずがありません。まして、藤田さんは高いリスクをとっていますから、ミスやエラーは必ず発生しているはずです。よって、『月に吹く笛 耐震偽装』にも、きっと、複数の問題点があるはずだ。管理人はそう思います。

人はヒューマンエラーから逃れる事はできません。よって、ポイントは、ミスをしたことではなく、ミスを指摘され、確かにミスだと確認した時に、どんな大チョンボでも、それをきちんと認め、訂正できるか否かです。

その意味で、発売された『月に響く笛 耐震偽装』は、藤田さんにとって、新たな試金石となるでしょう。管理人も、拝読し、問題点は問題点としてコメントしてゆくつもりです。

吉田松陰先生もこうおっしゃっています。

「士は過ちなきを貴しとせず、過ちを改むるを貴しと為す」

本日天候晴朗なれども波高し

それはさておき。

今日は、どんな一日になるんでしょうか?
ちなみに、Yahoo!の天気予報は晴後曇り。最高気温予想9度。西の風後強く。波1m後2m。
かなり寒そうです。

天気予報を見て、管理人は、日本海海戦における連合艦隊司令長官・東郷平八郎閣下あの有名な電文を思い出しました(起草秋山真之参謀)。

「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊は直ちに出動これを撃滅せんとす、
本日天候晴朗なれども波高し」

こんな電文もありました。

「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ」

ご存知のように、日本海海戦において、わが連合艦隊はロシア艦隊を撃破しました。日本側の損失が極めて少なかったのに対し、ロシア側は大損失を被りました。海戦史上、まことに希有な、一方的勝利。そして、小国日本の大国ロシアに対する勝利のニュースは世界を驚嘆せしめたのです。

この勝利に貢献したのがあの丁字戦法です。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では、丁字戦法について、こう説明しています。

「東郷方式の丁字戦法は、一つ間違えば自滅行為にもなってしまう諸刃の剣であり、日本海海戦における丁字戦法の成功は、有効射程範囲のギリギリの所を見極めて、見事な「トーゴー・ターン」を決めた東郷の采配に負うところが大きいだろう。」

その連合艦隊司令長官・東郷平八郎閣下は、東京湾で開かれた連合艦隊の解散式で、こうおっしゃっています。

「勝って兜の緒を締めよ」と。
スポンサーサイト

2006.12/28(木) |  未分類  | Comment(4)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ オジャマモン代理

From : 疑問詞 #8l8tEjwk / URL -  2006.12・28  [edit]

http://www.asahi.com/national/update/1227/TKY200612270340.html
新築マンション調査、7パーセントで強度不足か 国交省
2006年12月27日22時52分
 国土交通省は27日、過去5年間に建築確認された10階建て程度のマンションを全国で無作為抽出して調べたところ、221棟のうち約7%にあたる15棟で強度不足のおそれがある、と発表した。基準を1とした場合、15棟はすべて0.9未満で、うち1棟は0.5前後とみられ、建て替えが必要とされる0.5を下回っている可能性もある。書類差し替えなどの明らかな偽装は確認されていないという。強度の確定にはさらに確認作業が必要だが、全国の新築中層マンションの数%が強度不足である可能性が浮上した。

えらいこっちゃないか。チョロ記事なんかじゃなく一面トップで報じんかい!

 国交省は、0.5未満は震度5強程度で倒壊の可能性があるため使用中止など緊急対応の必要があるとし、0.5以上1未満は改修で対応可能との見方を示している。

緊急対応が必要なら名前を公表せんかい!

 調査は、耐震強度偽装事件を受けて今年2月から開始。全国で01~05年ごろに建築確認を受けた10階建て程度のマンション(推計約7000棟)から無作為抽出した389棟が対象。同省外郭団体の日本建築防災協会で構造計算を再計算したうえ、非破壊検査で鉄筋の配置を調べたりコンクリートの強さを測ったりした。168棟はなお調査中。

 調査済みの221棟のうち、強度不足のおそれが指摘された15棟については、構造計算書と設計図との不整合や、計算過程に不自然な点があったという。

はっきり「おかしい」と言えや!

 同省は15棟が所在する自治体に報告内容を伝え、強度が満たされているかどうかの再確認を求めた。強度の確定には、設計した1級建築士らから設計の意図や計算の考え方を聴いたうえで、専門家で精査する作業が必要で、さらに3カ月程度かかるという

あれれ!?そんなに掛るのにイーホームズがちゃんと検査をしなかったなんて口から出まかせ言ってたのか?!

 同省は15棟の建物名や所在地を明らかにしておらず、住民にも強度不足の可能性を知らせていない。「正式確定後、通知する」としている。また、強度不足が確定した場合、設計した建築士らを処分する方針。

大本営御用達利権談合記者クラブにはボソッともらしたわけね(^^)。
 新たな強度不足の疑いが浮上したことについて、国交省は「疑問のある設計がなされ、建築確認されたことは遺憾。確定後、厳正に対処したい」としている。

お前が先ず切腹せんかい!!

■□ 

From : 管理人 #- / URL -  2006.12・30  [edit]

疑問詞さん、こんにちは。

この情報なんですけど、国土交通省のHPのどこにあるのがご存知でしょうか??

かなり、国土交通省HP探したんですけど、みつけられないんですよね。。。。

それにしても、221棟のうち、1棟は0.5を下回ったということは、1/221=0.0045...なので、7000×0.0045=31.67...となり、大まかに言うと、30棟くらいは立て替えが必要ということでしょうか。。。

ところで、この数値はどの計算法なのでしょね??

いずれにしても、報告書を探す必要がありそうです。

■□ そうなんです

From : 疑問詞 #8l8tEjwk / URL -  2006.12・30  [edit]

実は私も国土交通省HP探したんですけど見つけられませんでした。

HPに載せてない可能性が高いような気がします。

どの計算法もそうですし、入力値は…、結局は計算式全部公開しないと意味がないような気がします。

■□ 

From : 管理人 #- / URL -  2006.12・30  [edit]

やはり、ありませんか。

年があけたら、電話するしかなさそうですね。

>結局は計算式全部公開しないと意味がない

おっしゃるとおりです。どんなふうにして結論に至ったのかまで公開していただかないといけませんよね。

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。