耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 耐震偽装 要請される厳しき姿勢

科学者に要請される根本原理 あるノーベル物理学賞受賞者の言葉

今日は、この間紹介したファィンマン博士(リチャード・P・ファインマン, 1965年ノーベル物理学賞受賞)の言葉を紹介します。

科学研究に、研究者はどのような姿勢で取り組むべきか??
どのような方法でどのようにしてデータを集めるべきか??
どのような態度で、どのようにして、データを解析すべきなのか??
客観性と合理性はどうすれば維持できるのか??
各自の予断をどうやって排除するのか??

これらの難問に対して、「こうあるべきだ」と、ファィンマン博士は、教え子たちに語りかけます。それでは、1974年カリフォルニア工科大学の卒業生への送辞の一部をご紹介します。出典は「ご冗談でしょう、ファインマンさん(下)」 (岩波書店)。

(なお、もしスペールシャトル・チャレンジャー爆発の事故調査委員会での彼の活躍とあの有名なアペンデックスF(追記参照)を御存じの方であれば、以下の珠玉の言葉を読んだ後に、彼が、まさに、有言実行の人であったことをご理解いたたげると思います。)

何ものをもいとわず「誠意を尽す」姿勢

[引用開始]

・・・ただ私の見るところでは、このカーゴ・カルト・サイエンスで必ずぬけているものが一つあります。それは諸君が学校で科学を学んでいるうちに、きっと体得してくれただろうとわれわれが心から望んでいる「あるもの」なのです。

その場でそれが何であるかは取りたてて説明しないけれども、とにかくたくさんの科学研究の例を見て、暗黙のうちに理解してくれるだろうとわれわれが皆願っている「そのもの」です。

・・・「そのもの」とはいったい何かと言えば、それは一種の科学的良心(または潔癖さ)、すなわち徹底的な正直さともいうべき科学的な考え方の根本原理、言うなれば何ものをもいとわず「誠意を尽す」姿勢です。

例えばもし諸君が実験をする場合、その実験の結果を無効にしてしまうかもしれないことまでも、一つ残らず報告すべきなのです。その実験に関して正しいと思われることだけではなく、その実験の結果を説明できるかもしれない他の原因や、他の実験の結果から説明できるものとして省略してしまったことがらや、その実験の経過など、ほかの人にも省略したことがはっきりわかるように報告する必要があるのです。

その仕事に関する情報を洗いざらい提供すべきだ

さらに諸君の解釈に何か疑問を投げかけるようなことがあるのを知っているなら、これもまた必ずその詳細を報告しなくてはなりません。もし少しでも間違いがあったり、間違いかもしれないと思われることがあったら、極力これを説明しなくてはならない。例えばある説を考え出して発表する場合には、それを肯定し裏付ける事実のみをのべるのでなく、それを否定するような事実も一つ残らず書きだす必要があるのです。・・・・

これをまとめて言うなら、他の人々が諸君の仕事の価値を判断するにあたり、その評価を特定の方向に向けるような事実だけを述べるのでなく、本当に公正な評価ができるよう、その仕事に関する情報を洗いざらい提供すべきだというのが、今私の言わんとしていることなのです。
[引用終了]

以上の言葉は、たいへんにわかりやすい言葉で、しかも具体的に語られています。しかし、残念ながら、そのことは、このファィンマン先生の教えを守ることが容易であることを、わたしたちに保証してはくれません。考えれば考える程、こんな情け容赦のないルールはない。そう思います。しかし、この懐疑精神こそ、自然科学が自然のふるまいについていくつかの真理を明らかにできた理由なのでしょう。

師の教えはたいへんわかりやすい・・しかし、それは小さく狭い門・・はてさて・・・

よって、耐震偽装とその隠蔽問題の真因を究明し、整合性のある処分や合理的な対応策を策定するためには、この言葉を心に刻みつづける必要がある。そう言わざるをえない。こういうことになるようです。

と、ここまで、書いてみては来たものの、チョー凡人の管理人としては、(そんなこと言われたってなあ、やっぱ無理かも、ジエンドかもっス)と、広き門への誘惑を抑えきれない今日この頃です。

いにしえの聖人曰く:

(1)「力を尽くして、狭き門よりはいれ。滅びに至る門は大きく、その道は広く、これより入る者多し。命に至る門は小さく、その道は狭く、これを見い出す者は少ない」(マタイ福音書, 7の13,同14)

(2)「わが言は、甚だ(はなは)だ知り易(やす)く、甚だ行い易きに、天下能(よ)く知る莫(な)く、能く行うも莫し。・・・」(わたしの言葉はたいへんにわかりやすく、また、実行も簡単である。しかし、世の人々には、これをしっかりと理解できる人はいないし、また、きちんと実行できる人もいないのだ。)(老子,徳経第70章)

追記

アペンデックスF(Appendix F)
「スペースシャトルチャレンジャー事故についての大統領調査委員会報告」(合衆国大統領調査委員会)の付録F。「シャトルの信頼性に関する個人的見解」(Personal Observations on Reliabillity of the Shuttle.)。日本語訳が『ファィンマンベストエッセイ』(岩波文庫)に収録。ありがたや、ありがたや
スポンサーサイト

2007.01/15(月) |  未分類  | Comment(2)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ 閉ざされた門

From : hugehuge2 #- / URL -  2007.01・15  [edit]

とうとうyahoo掲示板に書き込みできなくなってしまいました。
書き込みは一見成功するのですが、反映されません。

仮説を作って書き込むと反論ではなくて書き込み拒否をされた場合、
ファインマンさんはどう評価するべきだと教えてくれるんでしょうね

管理人さんは、頑張ってくださいね

管理人さんも書き込み不可になるかも知れない。
でも、管理人さんはblogがあるからいいですね。
私にはそこまでの根性はありません。

■□ 

From : hugehuge2 #- / URL -  2007.01・15  [edit]

yahoo投稿できました。別に書き込み不可にされたわけではなかったです
疑心暗鬼になってました。すいません。無視してください

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。