耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ 県合同庁舎 耐震強度0.12と判明 耐震偽装

長野合庁→0.12, 上田合庁→0.16, 大町合庁→0.27

信濃毎日新聞によると、長野県内の公共施設で、7カ所の耐震強度が、たいへん低い事がわかった、とのことです。
http://www.shinmai.co.jp/news/20070202/KT070201ATI090017000022.htm

[引用開始]
長野市の県庁や、県内の県合同庁舎のうち7カ所の耐震強度が、現行の建築基準法に基づく基準値1・0を大幅に下回っていることが1日、県が行った耐震診断で分かった。最低は長野合庁(長野市)の0・12で、0・16の上田合庁(上田市)、0・27の大町合庁(大町市)の計3棟は、震度6程度の地震で「倒壊・崩壊の危険性が高い」と診断されている。

いずれも現基準が適用される1981年以前の建築で、法的に問題はないが、
[引用終了]

現基準以前の1981年以前の建築物なので、法的に問題はなし!?

上記の記事を読んで、昨夜エントリーした日記の耐震偽装問題の2つの論点を思い出しました。つまり、法律などの文系的論点と自然科学などの理科系的論点です。
http://tobeajornalist.blog71.fc2.com/blog-entry-76.html

1981年以前の建築物は法的にまったく問題ない!!ようです。

つまり、法に照らした場合は、「耐震強度0.12」でも、除去命令を出したり、使用禁止の勧告を出したり、補修しなくても大丈夫。

一方、京都のアパホテルは、少なくとも「耐震強度0.7」はあるのですが、最近は「耐震強度1」以上が要請されているようなので、使用禁止の勧告を出すことになるわけです。(この「耐震強度1」の法的根拠はどこにあるのか調べきれませんでした。御存知の方お教え下さい)。

ご参考までに、2005年の第一次耐震偽装事件で、耐震強度が0.5未満のマンションがどう処置されたのかの資料をご紹介しておきます。なお、新聞には「耐震強度」と記述されることが多いようですが、これは比の値、つまり、要求される耐力に比べて実際の耐力がどのくらいあるか、です。よって、国土交通省の文書は、「保有水平耐力比」となっています。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/07/070125_2_.html

法律上は問題がなくても、命の問題はある

「法的にまったく問題ないのか。あー良かった良かった。安心だ。」
残念ながら、こうは言ってられません。

なにしろ、生命は自然科学の法則に規制されています。震度6程度の地震で「倒壊・崩壊の危険性が高い」と診断された建物、しかも、地震発生の場合は、防災対策の中枢たる県庁に内在する崩壊の高い危険を放置できるばすはありません。県庁が真っ先に倒れていてはお話になりません。さっそく、予算が計上されました。

これは長野の公共施設の庁舎だけの問題で、学校や病院などは無関係でしょうか??
これは長野県の1981年以前の公共施設だけの問題で、同じ頃の民間の建物は無関係でしょうか??
これは長野県の1981年以前の建物の問題で、1981年以降の建物は無関係でしょうか??

最後に、この問題は長野県だけの問題て、他の都道府県は無関係でしょうか??

つい、さっき読んだBlog「棒に怒る日本人」の日記が思い出されます。
以下に引用しておきます。
http://yahhoo.cocolog-tcom.com/goodwill/2007/02/post_9a56.html

我が国の住の安全 藤田東吾とイーホームズの功績は大

[引用開始]
■任せられるのは藤田東吾だけ

彼が立候補するとなれば、選挙目あてかと言う者も出てこよう、だが、人の足を引っ張るのも程ほどが良い。何しろ何千何万と言う建築に関わる人々がいる中で、耐震偽装を告発したのは、後にも先にも藤田東吾ただ一人である。まして見破るべき地位にいた人間で、偽装を発見し告発した者は藤田東吾以外誰一人としていないのだ。彼以外にこの件を任せられる人物はいまい。そしてこの件つまり耐震偽装問題とは我々の生命財産に関わる問題なのだ。
[引用終了]

きちんとした耐震診断が日本各地で行われることになった、そのきっかけは何か??
2005年秋のイーホムズの報告はこれらと無関係な出来事だったか?

もし長野に大地震が発生したとしても、それが補修後であってくれれば、合同庁舎はその揺れに耐え、防災拠点の役割を全うできるばずです。そうすれば、長野の多くの人の生命と財産が失われずにすむ。そのとき、長野県の人たちは、イーホムズの馬鹿正直な勇気ある報告を思い出したりしないでしょうか??「あのとき、ちゃんと報告してくれて、ほんとうに助かった」と感謝したりはしないでしようか??。

管理人はさっき、この信濃毎日の記事を読んで、つくづく思いました。
イーホームズのみなさんは、まさに、以下の称号を冠するに値する人々だと。

「ロマンティックな愚か者」

このイーホームズのリーダーが、基本中の基本の権利『住まいの安全』を安心してまかせられる数少ない日本人の一人である事は、まさに、明々白々。こう思う今日この頃です。

というわけでご参加よろしく
 ↓



『藤田東吾を国会へブレゼント』に参加する

http://groups.yahoo.co.jp/group/togotodiet/
スポンサーサイト

2007.02/02(金) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。