耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ アラミド繊維による補強 研究発表プログラム  

2005年11月5日 藤田社長とイーホームズ社員の会話 「アラミド繊維を用いた補強法があります。」

耐震強度の不足した姉歯物件のマンションをどうすべきか??

『月に響く笛 耐震偽装』によれば、2005年11月5日、藤田東吾社長は、耐震強度の不足したマンションをどう補強するかについて、彦根本部長と以下のやりとりをしたそうです。

[引用開始]
僕は、「ちょっと教えてください」と、隣接する会議室に彼を誘った。

「昨日話していた、化学物質による補強工事とはどういうことなんですか。分かりやすくお願いします」。

彦根は叩き上げてスーパーゼネコンに定年まで勤めた人物だ。技術知識への貪欲さや姿勢において、イーホームズスタッフの中で群を抜いていた。

「アラミド繊維を用いた補強法があります。どういう事かと言うと、特殊補強材アラミド繊維と液体樹脂を特殊配合して、RC(鉄筋コンクリート)構造建築物に浸透密着させて劣化の進行を抑止する方法です。アメリカのNASAが開発した補強手法で、簡単に言えばRC構造に吹き付けるだけだから、施主にとって精神的な障害となる見た目の問題もクリアできます。今までは、認定されてこなかったのですが、これをイーホームズで評定し補強に用いるようにしたらよいのじゃないでしょうか。そうすれば基準法上の適合性、適格性も付与できるばずです」

この説明を聞いて、僕はこれなら解決できるんじゃないかと思った。(p.119)
[引用終了]

2007年2月17日 日本建築学会東海支部学術研究発表会 「粗い間隔でアラミド繊維補強を施した壁付きRC柱に関する実験」

このあいだ、『建築雑誌』(2007年1月号)を、なにげに見ていたら、この「アラミド繊維」という言葉が、2006年度日本建築学会東海支部学術研究発表会プログラムにあるのを見つけました。

かなり、専門的な話とは思いますが、関係者の方は、ぜひこれらの発表を拝聴しておかれてはいかがでしょうか。

2006年度「東海支部研究発表会」プログラム
日 時 2007年2月17日(土)・18(日)9:00~17:00
会 場 愛知工業大学

以下に発表題目をご紹介します。
なお、司会者名や発表者名は、下記の日本建築学会東海支部HP掲載の「研究発表プログラム関係」のPDFで各自お確かめ下さい。
http://news-sv.aij.or.jp/tokai/



[引用開始] 
201: 粗い間隔でアラミド繊維補強を施した壁付きRC柱に関する実験 (その1 高軸値力下における変形性能)

202: 粗い間隔でアラミド繊維補強を施した壁付きRC柱に関する実験 (その2 付着割裂柱と極短柱)
[引用終了]

アラミド繊維は、実際、姉歯物件の補強に用いられた by 藤田東吾

なお、このアラミド繊維は、現在では、実際に使用されるようになったそうです。

藤田さんは、『月に響く笛 耐震偽装』にこう書いています。

[引用開始]
この時、彦根が提案した補強方法は、平成18年に入って日本建築センター等で評定を受け、実際に姉歯が関与した偽装マンションの補強として用いられている。忸怩たる思いもあるが、イーホームズが主張していたことに間違いはなかったことを、僕は改めて思った。・・・
[引用終了]
スポンサーサイト

2007.02/06(火) |  未分類  | Comment(0)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。