耐震偽装と報道責任

 - 本当のことが知りたいんで...耐震偽装と報道責任にタックルしちゃおうかな、と
 
 

■□ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--/--(--) |  スポンサー広告  []

 
 

 
 

■□ Anyway 耐震偽装 言葉の力

おととい、力が抜けて、きのうは、久しぶりに、本業がはかどりました(笑)

言葉には大きな力がある。
一昨日、Blog『まぶちすみおの「不易塾」日記』を読んで実感しました。
http://www.election.ne.jp/10679/archives/0005255.html

なんでかというと、ここ数ヶ月、耐震偽装と報道責任と言うテーマに取り憑かれ、本業に差し障りが発生するまでの事態になっていたんですけど、一昨日、『まぶちすみおの「不易塾」日記』の2007年2月8日付け日記を読んで、すっかり、力が抜けてしまったからです。

おかげで、昨日は、久しぶりに、本業がはかどりました(笑)。

それでも、少しは気になって、仕事の合間に、まぶち見解へのレスをメーリングリストでいくつか拝読したのですけど、やはり、思いは同じ。そんな気がしました。その後、Blog『まぶちすみおの「不易塾」日記』をクリックしてみたのですけど、コメント欄は増えていませんでした。あのBlogのコメントは承認制なので、そのうち、また新しいコメントが掲載されているだろうと思います。

力を奪っていく言葉 2007.02.08のまぶち見解


もういちど、まぶち見解(2007.02.08)を読んでみました。

で、思ったのは、管理人の最大の脱力ポイントは何と言っても以下の部分だということでした。何度読んでもパワーを奪う言葉です。なにしろ。2006年10月18日の藤田さんの発言でフル充電されたパワーが管理人から一気に抜けたのですから。

「その後、元イーホームズ社長の藤田さんがメディアに向けて発信され、その「告発」が無視されているとの話が喧伝されているが、それもどうか。別にメディアは無視したのではなく、藤田さんの発信に新たな事実が含まれていると判断しなかったからに他ならないのではないか。事実、私は国会に出入りする記者さんたち全員が、取り上げようがないですよネ、とこぼしているのを見ている。」(まぶち見解, 2007.2.8)

このまぶち見解に内在する問題点を3つ述べます。

(1) あの藤田さんの発信に「新たな事実」は不存在とする情報処理。

(2)自分で「新たな事実」を掘り出そうとしない(できない?)「記者」という存在。

(3)(2)の「記者」を目の当たりにしても疑問を抱かず、自説の間接的証拠に使う判断。


心のバッテリーの再チャージが必要 『月に響く笛 耐震偽装』と『ANYWAY』


なんとなく、管理人だけではなく、少なくない方の心のバッテリーがあがってしまったような気がしています。

よって、再チャージが必要です。

再チャージはいくつかの手段があります。例えば、『月に響く笛 耐震偽装』を取り出して、「第四章 朝」を読むのもGOODです。あるいは、Amazon.comにアクセスして『月に響く笛 耐震偽装』のレビューを読むのも良い方法です。『まぶちすみおの「不易塾」日記』のコメント欄にアタック!!という手段もあります。もちろん、自分のBlogで思う存分書くのもありです。

本Blogでは、ミッション「言葉には言葉を」を発動します。

この脱力感の大きさから考えて、再チャージには、『Anyway』しかない。そう思いました。マザーテレサはこの詩を、ことのほか愛し、カルカッタにある「孤児の家」の壁にこの言葉が刻まれているそうです。マザーテレサの行動とこの詩が、あまりにも一致するので、多くの人が、『Anyway』はマザーテレサの作品と誤解しています。しかし、そうではなく、オリジナルはなんと19歳の若者の作品だそうです。恐るべし!!

なお、本Blogでは、すでに、一度、紹介しました。

藤田東吾, 中田英寿, & ANYWAY
http://tobeajornalist.blog71.fc2.com/blog-date-20061231.html

『Anyway』人の世のあるかぎり語り継がれるであろう真実の詩

この言葉は、多くの人の魂に響いたために、いくつものヴァージョンが存在します。『Give the world the best you have』あるいは『逆説の10ヶ条』と呼ぶ人もいるようです。今日は、まず、そのうちの一つの拙訳をご紹介し、続いて、カルカッタにある「孤児の家」の壁に刻まれているという英文を示します。

管理人は、『Give the world the best you have』というタイトルが好みです。

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。


人々は、気まぐれで、非論理的で、利己的です。
愛しなさい、動ずることなく。

あなたが良いことを行うと、
きっと利己的な目的でそうしたのだ、と非難されるかもしれません。
あなたが良いと思うことを行いなさい、気にすることなく。

何かを成し遂げられそうになったとき、
あなたはニセの友人と本当の敵に出会うでしょう。
成し遂げなさい、動ずることなく。

今日、あなたが善い行いをしても、
次の日には、忘れられてしまうかもしれません。
善いと信じたことをし続けなさい、気にすることなく。

あなたの正直さと隠しだてのない態度は、
きっと、あなたの心を傷つけるでしょう。
だからこそ、まっすぐで、率直であり続けなさい。

大いなる理念を掲げる人々が、小さな心を持つ人々に踏みにじられることもあるでしょう。
それでも、なお、大いなる理念に思いを馳せなさい。

人々の多くは、弱い人たちに心を寄せてはいても、強者に従ってしまうでしょう。
あなたは闘いなさい、少数のその人たちのために。

何年もかけて、あなたが積み上げたものが、壊されてしまうかもしれません。
作り続けなさい、動ずることなく。

本当に助けを必要とする人々を助けようとしたときに、
その人たちが、あなたを非難するかもしれません。
助け続けなさい、気にすることなく。

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。
あなたは、たぶん、傷つくでしょう。
それでも、最良のあなたを与え続けなさい、人々のために。

訳 by 一郎@2005

ANYWAY それでもなお Mother Teresa

ANYWAY

People are unreasonable, illogical, and self-centered,

Love them anyway.

If you do good, people will accuse you of selfish, ulterior motives,

Do good anyway.

If you are successful, you win false friends and true enemies,

Succeed anyway.

Honesty and frankness make you vulnerable,
Be honest and frank anyway.

What you spent years building may be destroyed overnight,

Build anyway.

People really need help but may attack you if you help them,

Help people anyway.

Give the world the best you have and you'll get kicked in the teeth,

Give the world the best you’ve got anyway.

By Mother Teresa

言葉には大きな力がある。
そう思います。

言葉によって喪われた力が、言葉の力によって、回復しますように。
今日が良い一日でありますように。
スポンサーサイト

2007.02/13(火) |  未分類  | Comment(2)  []

 
 

* COMMENT *

 
 
 
 
 
    
 *   管理者にだけ表示を許可する

■□ 

From : Windrose #- / URL -  2007.02・14  [edit]

この言葉は何度聞いても感動します、、。

■□ 

From : 管理人 #- / URL -  2007.02・14  [edit]

強力な力が宿ってますよねえ...

Rental - FC2 Blog /  SKIN - ふたつの頬花

FC2Ad

 /   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。